池袋相続相談室

相続タイムスケジュール

相続人の確定

 遺言書がなかった場合、あるいは遺言が執行された後に財産が残ったという場合には法定相続人が相続財産を受け継ぐことになります。
ここでは民法に規定されている誰がどのくらいの割合で相続するのか(法定相続人と法定相続分)についてご説明します。

 1.法定相続人について
 2.法定相続分について
 3.相続人確定のための必要書類
 4.遺留分について

1. 法定相続人について

法律で決められた相続人のことを法定相続人といいます。 誰が法定相続人になるかは民法の規定により確定していきます。 民法では配偶者及び被相続人との血縁の深い者を優先的に法定相続人とするように規定しています。 具体的には一定の法則があり以下のように確定していきます。

妻または夫(=配偶者)→ 常に法定相続人となります
第1順位 子→ 配偶者とともに常に法定相続人となります
第2順位 父母→ 被相続人に子がいなかった場合に配偶者とともに法定相続人となります。
第3順位 兄弟姉妹→ 被相続人に子も父母もいなかった場合に配偶者とともに法定相続人となります。

例1 被相続人に妻(=配偶者)と子がおり、父母がいる場合


配偶者と子は常に法定相続人となります。
父母は子がいるので法定相続人となりません。

例2 被相続人に妻はいるが子はおらず、父と兄がいる場合


配偶者は常に法定相続人となります。 被相続人に子がいなかった場合なのでの父母が法定相続人になります。 なお、兄は父母がいるので法定相続人となりません。

例3 被相続人に妻はいるが子はおらず、父母がいないが兄がいる場合


配偶者は常に法定相続人となりますので法定相続人です。被相続人に子も父母もいないので兄が法定相続人になります。

例4 被相続人に妻、子はおらず、父と弟がいる場合


被相続人に子、妻、母がいなかった場合なので父が法定相続人です。弟は父がいるので法定相続人となりません。

少し特殊なケース

被相続人に子はいるが養子である場合
養子は子と同じように扱われますので常に法定相続人になります。

被相続人の妻が妊娠中である場合
民法では妻が妊娠中である場合に、生まれてくる子の権利を保護するために胎児を既に生まれた子と同じように扱っています。よって常に法定相続人になります。

代襲相続(孫、甥の場合)について

 被相続人に子がいたが被相続人より先に亡くなっていた場合、その子の子(つまり孫)が相続人となります。これを代襲相続といい、孫を代襲相続人といいます。
 孫が代襲相続人の場合は子と同じように扱われますので常に法定相続人となります。 また、兄弟姉妹が法定相続人であったが被相続人より先に亡くなっていた場合にも、その兄弟姉妹の子(つまり甥)が代襲相続人となります。
 甥は兄弟姉妹と同じように扱われますので被相続人に子も父母もいなかった場合には配偶者とともに法定相続人となります。

法定相続人としての資格を失う場合

民法は法定相続人となる者を決めていますが、その資格を失う場合も決めています。
その制度には欠格、廃除の2つがあります。

欠格
相続の争いに関して被相続人を殺そうとしたり、遺言書を偽造したというような、社会的に相続人としてふさわしくない行動をとった場合には自動的に相続人としての資格を失うことになります。これを欠格といいます。

廃除
相続欠格ほど犯罪性はないものの、被相続人が虐待や侮辱を受けたりした場合には、被相続人が生前に、あるいは遺言で家庭裁判所に申し立てることにより相続人としての資格を失わせることができます。これを廃除といいます。

相続タイムスケジュールに戻る 次ぎへ