池袋相続相談室

相続タイムスケジュール

相続財産の名義変更

相続財産の名義変更はいつまでにしなくてはならないというような期限はありませんが、次の相続が発生してしまった場合には手続きが複雑になりトラブルのもとになります。 早めの名義変更手続きをお勧めします。
以下、主な名義変更手続きについてのみご説明します。

 1.不動産の名義変更手続き
 2.預貯金の名義変更手続き

1.不動産の名義変更手続き

相続が起こった場合、被相続人名義の不動産登記簿を相続人名義に変える手続きをしなくてはなりません。
 なお、不動産の名義を変更しないでいてトラブルになることはよくあります。速やかに名義変更の手続きを行うことをお勧めします。

(1)大まかな手続きの流れ

遺産分割協議の終了
     ↓
登記に必要な書類の収集
     ↓
登記申請書の作成
     ↓
法務局への登記の申請

(2)手続きのすすめ方

1.登記に必要な書類の収集
登記に必要な書類は、遺産分割協議の内容によって異なってきます。 具体的には以下のとおりになります。

1-1.法定相続人が一人の場合または法定相続分で相続をする場合
被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本
法定相続人の戸籍謄本
法定相続人の住民票
相続する不動産の固定資産税評価証明書

1-2.遺産分割協議で決めた割合で相続をする場合
被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本
法定相続人の戸籍謄本
法定相続人の住民票
相続する不動産の固定資産税評価証明書
法定相続人の印鑑証明書
遺産分割協議書

2.申請書の作成
登記の申請書の作成については状況によって複雑に変化します。 司法書士などの専門家、若しくは登記を申請する法務局に直接問い合わせてみるといいでしょう。

3.登記の申請
  登記の申請書に集めた書類をクリップで止めて、相続する不動産を管轄する法務局に登記の申請をします。提出した書類に不備がなければ1週間くらいで登記が完了し、不動産の名義が変更されたことになります。

4.登記の費用について
登記を申請する際には登録免許税の納付が必要になります。 なお、そのときに必要になる登録免許税は固定資産税評価証明に記載されている不動産の価格に1000分の1を乗じた価格となります。 また、司法書士などの専門家に登記の依頼をした場合には登録免許税以外に司法書士への報酬が必要になります。

※1つの土地を相続した場合に相続人で1つの土地を複数の土地に分ける場合には相続の登記の申請をする前に、その土地を物理的に分ける手続きをする必要がでてきます。 この場合には地積測量を行い1つの土地を複数の土地に分ける手続き(土地分筆登記)の申請が必要になります。 その手続きのあとに各相続人名義に相続の登記を申請することになります。

相続タイムスケジュールに戻る 次ぎへ