池袋相続相談室

相続タイムスケジュール

相続税の申告・納付

 1.相続税の申告
 2.相続税の納付
 3.延納・物納について

1.相続税の申告
相続税は誰が申告するか

相続税を申告・納付しなければならない人は、相続税の計算を行った結果、収めなければならない相続税額がある人です。

いつまでに申告するか

相続税の申告は、所定の申告書を提出することによって行います。申告しなければならない人が複数いる場合には、共同して申告書を提出することができます。同じ申告書に連署して申告できるようになっています。
 なお、相続税の申告は相続開始から10ヶ月以内に被相続人の死亡時の住所地を管轄する税務署に申告書を提出しなければなりません。

相続税の申告をしなければならない場合

相続財産の課税価格の合計が基礎控除額(5,000万円+1,000万円×法定相続人の数)を超える場合には相続税の申告をしなければなりません。

相続タイムスケジュールに戻る 次ぎへ