池袋相続相談室

相続税対策

相続税の節税対策

相続税の対策については以下の点を中心として解説を行っていきます。

1. 生前贈与を中心とした相続税の節税のための対策
 これは、生前に財産を相続人に移しておき、相続の対象となる財産自体を事前に少なくする方法です。比較的容易に行うことも でき、時間をかけることで着実に効果を発揮することができる方法です。(注目度 ★★★★☆)

2. 生命保険による相続対策
 生命保険を活用した相続対策は、納税資金対策としてその効果を大きく発揮する非常に有効な方法です。さらに、遺産分割(遺言)と組み合わせることにより、争続の防止策にもつがりますので、相続対策を考える上では抑えておきたいところです。
(注目度 ★★★★☆)

3. 不動産による相続対策
 ここでは主に不動産の評価を下げる方法を紹介しています。  不動産は相続税のかかる財産の中では金額的に最も多額となり、相続 税を納めることとなる場合には、ほとんどのケースが不動産を所有していると考えられるため、相続税の節税対策を考える上では無視することができない非常に重要な箇所です。ただし、実際行う場合は専門的な知識が必要となります。(注目度 ★★★★★★)

4. その他の相続対策
 最後の対策としては、会社を利用するケース。株式や養子を利用するケースについて解説をしていきます。いずれも節税効果としては非常に有効な手段ではありますが、専門的な知識が必要となります。 (注目度 ★★★★☆)