池袋相続相談室

相続税対策

遺言による相続対策

※ 遺言書に関してよくあるトラブル例
 1. 遺産分割後に遺言が出てきた。
 2. 遺言が無効になるケース
 3. 遺言で指定された財産がないとき
 4. あるばすの遺言がないとき
 5. 財産の全部を寄与するという遺言

3. 遺言で指定された財産がないとき

 特定の土地を誰々に与えると指定した遺言があるのに、相続開始時点ではそのような財産は無い、という場合があります。
 たいていはその財産を遺言者が後で処分した場合です。 この場合その部分は生前処分による遺言の取消があったこととなり、その遺言は無いことになります。

ワンポイント
 上記のように、相続開始時に相続財産に属さないものの遺贈は効力を生じません。 ただし、金銭の遺贈は別で現金がなくても遺贈の効力ありと解される場合があります。