池袋相続相談室

相続税対策

遺言による相続対策

※ 遺言書に関してよくあるトラブル例
 1. 遺産分割後に遺言が出てきた。
 2. 遺言が無効になるケース
 3. 遺言で指定された財産がないとき
 4. あるばすの遺言がないとき
 5. 財産の全部を寄与するという遺言

4. あるばすの遺言がないとき

 「生前にこの財産は誰々に残す。遺言書も作った」といくら聞かされていても、口約束ではどうしようもありません。 遺言書が見つからない、若しくは効力のない遺言書であった場合には、結局遺産分割協で話し合うこととなり、法定相続分に近い遺産分割等になる可能性があります。

ワンポイント
 よほどの法律知識がない限りは自筆証書遺言は避けた方がよいです。 自筆証書遺言で作成された遺言書の多くは方式違反等で無効になっているという事実があります。 また必ず見つかる保証もない等の欠点もあります。 この方法によりたい場合は必ず専門家の相談を仰いで下さい。