税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて




設立支援 開業支援 運営支援 事業承継支援
  医療法人設立の基礎知識   新規開業にあたって   運営支援サポート項目   クリニックの事業承継
  医療法人のメリット   開業スケジュール   税金スケジュ−ル   医療法人 親族への承継
  医療法人のデメリット   事業計画の作成   収入 Q&A   医療法人 第三者への譲渡
  医療法人設立Q&A   資金調達方法   経費 Q&A   医療法人 他の医療法人との合併
  医療法人設立スケジュール       消費税 Q&A   個人診療所 親族への承継
          税務調査のQ&A   個人診療所 第三者への承継



【 医療法人設立Q&A 】

診療所を経営する40歳の医師ですが、売上規模も大きくなり、税金も毎年多額に支払っているので、医療法人化を考えていますが、子供がまだ小学生なので医師になるかどうかわかりません。このような場合でも医療法人になった方がよいのですか。
息子さんが診療所を引継か、引き継がないかは別にして、先生は、院長としてこれから20年以上にわたって、診療所を経営することになると思います。診療所は今後ますます競争が激しくなりますので、経営がこれから良くなるより停滞か悪化することが十分予測されます。余計な税金はできるだけ削減し、その分、診療所の設備や人材の充実に再投資し、また、一部は個人の資産形成にも利用すべきです。法人化した場合、どのくらいの税金が削減できるか、当事務所では無料でシミュレーションさせて頂いています。いかに、多額の余計な税金を支払っているかがわかるはずです。貴院の場合、一代で終わることも考えられますので、不動産は出資せず、個人所有のままにし、医療法人に賃貸する形態にします。当事務所では、それぞれの状況にマッチした医療法人の設立とその運営方法を指導しております。
医療法人はいつでも設立できるのですか。
医療法人の設立は都道府県知事等の認可制になっています。認可申請は多くの都道府県で年2回ですが、年3回や年1回のところもあります。また設立申請にあたっては説明会や事前審査等もありますので、法人設立の7〜10ヶ月ほど前から準備をする必要があります。
法人の名前は自由に決めていいのですか。
医療法人の名称は「医療法人 ○○会」という名称が多く一般的です。この○○会という名称は法律上の規定ではありませんので強制されるものではありませんが、都道府県によっては○○会の形式にするよう指導されることもありますし、あまり奇抜な名称では社会的信用面で問題をかかえる可能性もありますので、医療法人として妥当な名称をおすすめいたします。
法人の役員構成は,どのようになりますか?
医療法人は、医療法の規定により、原則として理事3名以上および監事1名以上の役員を置かなければならないこととされています。理事のうち医師または歯科医師1人を理事長として互選します。監事は理事を監督する立場にあるので、法人の利害関係者や理事の親族などは就任できません。いずれも未成年や取引先企業の役職員の就任は望ましくありません。
大学生は理事に就任できますか。
理事は、理事会という機関で法人の意思決定に基づく事実上の職務執行の権限を持っているので、これらの権限を行使できる程度の能力を有していることが必要です。
現在医療法人の理事である人が、別の医療法人の理事や監事に就任できますか。
また、現在理事長である場合はどうですか。
理事が別法人の理事や監事、理事長に就任することはできますが、理事長が別法人の理事長を兼任することはできません。
MS法人(メディカル・サービス法人)とは何ですか。
MS法人(メディカルサービス法人)とは、医療法人に対して、医療に関連するサービスの提供を行う法人です。法人の形態は、株式会社になります。メディカルサービス法人の業務内容は多岐に亘りますが、例として、医薬品や医消耗品の販売、調剤、レセプトの請求代行、給与計算代行、医療機器のリース、医療用施設の賃貸借、院内売店、経営管理、資産管理等が挙げられます。多くの場合、理事長や理事の家族や親族が出資の大半を所有する同族会社です。メディカルサービス法人を活用することにより、医業本業とその他の事業の分離を行うことが出来る、医療法の規制に拘束されない機動的な活動が行うことが出来る、所得の分散が図ることが出来る、等の効果が生じます。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.