税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて




設立支援 開業支援 運営支援 事業承継支援
  医療法人設立の基礎知識   新規開業にあたって   運営支援サポート項目   クリニックの事業承継
  医療法人のメリット   開業スケジュール   税金スケジュ−ル   医療法人 親族への承継
  医療法人のデメリット   事業計画の作成   収入 Q&A   医療法人 第三者への譲渡
  医療法人設立Q&A   資金調達方法   経費 Q&A   医療法人 他の医療法人との合併
  医療法人設立スケジュール       消費税 Q&A   個人診療所 親族への承継
          税務調査のQ&A   個人診療所 第三者への承継



【 資金調達方法 】

融資の流れ
開業計画・担保・保証人等の確認
金融機関・リ−ス会社の選定
事業計画書・資金計画書の策定 (購入またはリ−スの選別)
金融機関への融資申込み
* 開業計画から融資の実行まで1〜2ヶ月要することに留意する。


【 資金調達方法 】

1.公的機関からの借入
 国民生活金融公庫
 地方公共団体の制度融資
 社会福祉医療事業団

公的機関は銀行よりも長期・固定金利で融資を受けられるため、安定した資金を調達しやすい。
2. 銀行からの借入
 都市銀行
 地方銀行
 信用金庫

金融機関によっては、新規開業に対して、融資に積極的な銀行とそうでないところがある。
3. 資産の処分
   遊休資産の売却(不動産等)
   保険契約の見直しにより、生命保険等の過剰な保険契約の解約 
4. 親族からの借入
親等の親族より借入を行なう。
この際、「贈与」とみなされないために、金銭消費貸借契約書を作成し、返済期間・金利・返済方法・返済金額を明確にし、銀行振込等を利用し返済の証拠を残す。
資金調達で最も安心できるのは、すべて自己資金でまかなえる事である。 それがムリであれば、以上のような資金調達に頼らなければならない。 その際、開業後は何が起こるかわからないということを考慮し、経済的負担の低いものから選択し、余裕のある資金調達を心がけるべきである。  



Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.