税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて




設立支援 開業支援 運営支援 事業承継支援
  医療法人設立の基礎知識   新規開業にあたって   運営支援サポート項目   クリニックの事業承継
  医療法人のメリット   開業スケジュール   税金スケジュ−ル   医療法人 親族への承継
  医療法人のデメリット   事業計画の作成   収入 Q&A   医療法人 第三者への譲渡
  医療法人設立Q&A   資金調達方法   経費 Q&A   医療法人 他の医療法人との合併
  医療法人設立スケジュール       消費税 Q&A   個人診療所 親族への承継
          税務調査のQ&A   個人診療所 第三者への承継



【 税務調査のQ&A 】

税務調査とは?

税務調査とは、納税者が提出した申告書の内容が正しいか否かを、実際に現場に行って調べることをいいます。

(1)申告書の提出で終わりではありません。
 節税対策や、様々な決算調整をした後、各種財務諸表・申告書を作成して税務署に提出をしますが、その後にやってくる税務調査に対応しなければなりません。

(2)3〜5年に一度が一般的
 税務署側も、当然提出された申告書の内容はチェックしています。そして定期的に税務調査にやってきます。

(3)税務調査は最大のチェック機構です。
 税務調査と聞くと、どうしても嫌なイメージを持ちがちです。確かに税務調査では様々な点が指摘されます。医業収入・棚卸・人件費など経理全般に及びます。しかし、税務調査は、税務署による脱税の摘発のみでなく、クリニックに対する指導も兼ねているのです。

(4)心配なところは、やはり指摘される
 税務署では、提出された申告書をもとに、調査の基礎資料を作成しています。その中では、およそ過去5年間程度の業績の推移、粗利益率の変化、あるいは突発事項はないかなど様々なチェックがされています。
その過程で、申告内容について「あやしい点」が浮き出されます。やはり心配なところは指摘されるのです。

(5)是認か否認か
 税務調査がいざ入りますと、いくつかの指摘事項が出てきます。それがまさに税務調査の争点となります。その争点について否認されるのか、是認されるのか、たとえどんな節税対策を講じても、それが税務調査で否認されては元も子もありません。
逆に是認されれば、それが基準となって、その後においても適正な処理として認められます。

(6)税務調査で是認されるための内部書類の整備
 (5)の是認されるか否認されるかの分かれ目ですが、重要なのは、申告内容を裏付けする証拠書類を整えることです。税務調査の際に、申告内容について十分な説明ができればよいのです。そのために内部資料の整備が必須となります。帳簿や伝票だけでなく、議事録関係、稟議書、契約書などなど、十分な裏付け書類が必要となります。税務調査で指摘されそうな点ほど、証拠書類を整え、是認される体制を作らなければなりません。


【 税務調査 Q&A 】

税務調査で指摘されそうな点を一部Q&Aとしてまとめました。 内容の詳細については、お気軽に所員にお尋ね下さい。

Question 決算期末にまだ入金されていない診療報酬もなぜ収入として計上するのですか。
Answer 原則は、医療サービスの提供が完了したつど、診療報酬として収入計上します。
Question 自由診療の収入計上の注意点を教えてください。
Answer窓口受領分だけでなく、口座振込み分ももれなく計上して下さい。
Question 理事長報酬の適正額はいくらですか。
Answer 社会通念上、合理的な金額をもって社員総会の決議で決めます。
Question スタッフの扶養控除等(異動)申告書を書かないと、税金が高くなるって本当ですか。
Answer 給与から天引きする源泉所得税が高くなります。
Question スタッフの昼食代をクリニックで福利厚生費として負担できますか。
Answer 福利厚生費ではなく、原則として給与課税されます。



Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.