税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて

とどろきからのメッセージ


2003年7月号(No.7)

 人間に「色」(ここで言う「色」とは、「特徴」とか「特色」、「癖」とか言う意味です。)があるように、経営にも「色」があります。理由は、経営には社長の「色」が出るからです。良い「色」もあれば、悪い「色」もあり、一般に儲かっている会社は、社長の良い「色」が出ていますし、儲かっていない会社は、社長の悪い「色」がでている傾向があります。頭の中では解ってはいても、その行動は変わりません。
厄介なのは、この良い、悪い「色」は表裏一体で、知らないうちに悪い「色」が優勢である場合が多く、事業が拡大していくときに起こる「天狗病」もその一つです。

でも、一層の成長のためには悪い箇所を列挙して直していくよりも長所をいかに伸ばしていくかです。何故なら今まで経営が出来たのは、社長に先見の明があり、社長の考え方と事業または事業の方向性が正しかったからといえるでしょう。それに、あまり経営数値ばかりを気にしていると、経営のダイナミズムが損なわれる恐れがあります。

例えば、時代はデフレ経済下で、単品管理や在庫を持たないカンバン方式が時流になっていますが、ドンキホーテや100円ショップ・大創のように所狭しと商品を陳列したり、在庫を東京ドーム数個分も抱え、余分在庫がある方がお客様の購買意欲が向上するなど逆転の発想で急成長している企業も存在しているからです。

ここまで極端な例は別としても、少しくらい経営数値(状態)が悪かろうと、自分の信念をもって経営に当たってもらいたいと思います。要は、周囲の状況に惑わされないことです。
人間だって、会社だって、「無くて七癖(くせ)」です。繊細にして大胆に経営をしようではありませんか。そして、儲けようではありませんか。

《誤解のないように一言》
だからといって交際費の過大使用や計画無き設備投資などは論外です。


とどろきからのメッセージのトップページへ戻る

 

Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.