税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて

とどろきからのメッセージ


2003年10月号(No.10)
(1)「ジャイアンツ愛」を掲げた巨人の原監督が、3年契約を一年残して退任することになりました。余りにも潔い退任に野球界のみならず波紋を広げています。原監督の監督としての実績は、1年生監督としての1年目(前年)は日本一に輝き、今年は優勝を逃したものの(原稿作成時では全試合終了はしていませんが)最終的にはAグループ入りする可能性が高く、来年の開幕試合を本拠地で向かえる予定です。10年監督をやって、2・3回優勝(リーグ優勝含む)できれば大監督の称号が得られる世界ですから、原監督の成果はそれに値するものと思われます。しかし、常勝が至上命令のチームなので、負けたときには全てを背負っての辞任でした。強いからこその「・…愛」だったことが証明されたのではないでしょうか。

(2)熟年夫婦の離婚(妻からの離婚の申し入れが多い)が増えているそうです。性格の不一致や生活苦、一緒にいて疲れたなどたくさんの原因があるようですが、本当の理由は、男性(夫)に魅力がなくなった時に妻は離婚を決意するそうです。確かに、土日曜日がゴルフで平日が午前様でも、給料も高く、会社の役職も年々上昇していれば、何時かは社長との夢を持って、結局長続きするんだそうです。それが、出世競争から脱落し、休日にはいつも家でゴロゴロ、女房が外出すれば一緒に出かけ、「濡れ落ち葉」と揶揄されてもくっ付いていなければならない旦那様では、女房から愛想を付かれても仕方がないのではないでしょうか。
自分が妻の立場だったら、やはり頼れる旦那様に魅力を感じます。愛だけでは、夫婦の生活が維持できない証明です。


上記の事例は極端(極論)かもしれませんが、どんなに企業理念が良くても強く(儲かって)なければ、愛が育ちません。企業に対する愛着、忠誠心は、まず、「企業が強くなる」ことが前提で、そこから「愛が生まれる」のです。


とどろきからのメッセージのトップページへ戻る

 

Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.