税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて

とどろきからのメッセージ


師は有難い 2007年4月号(No.52)


 日経ビジネス3月19日号トップページの「有訓無訓」に、ウシオ電機会長の牛尾治朗氏が出筆されていた。牛尾氏は安倍総理とも繋がる財界の重鎮であり、清廉潔白な人として人気がある。その記事に大変感銘を受けたので紹介する。

 『就職にあたり東銀に行くことを決めて安岡正篤(陽明学者・東洋思想家)さんに相談すると、「あなたはTo Do Good、つまり何か良いことをしたいと言うけれども、その前にTo Be Goodでなければいけません」とおっしゃる。何事かをなすためには、まず己を修めるのが先決だと言うのです。』 

 『親父が亡くなり、27歳の若輩者が家業の一角を継ぐことになった。安岡さんに助言を請いに行きました。すると、
 あなたは3代目なんだからカネのために働く必要はない。良い経営者になりなさいと言って「雅望」と書いてくれた。カネや権力を追う「俗望」を捨てて、雅やかな志を持ちなさいと。そして、後は自分で考えることですね。

 僕が、会社の規模を闇雲に大きくするのではなくて、日本の中堅企業から世界の中堅企業になってやろうという理念を貫くことができたのは、この一言のおかげだったかもしれません。』

 上記の安岡氏の言葉、「To Be Good」「雅欲」は、我々にとっても共通の言葉です。 安岡正篤氏という当代一流の師にめぐり会えた牛尾氏は幸せです。

 私も事務所開業当初から大変お世話になっている先輩がいます。その先輩に相談した当初は、「轟さん、何が売りなの?」「今年は売上げが倍だね!」が謳い文句でした。私は、冷や汗をかきながらシドロモドロの説明、言い訳をしていました。 でも、その説明がちゃんとできない、売上予算が達成できない自分が悔しく、その先輩に喰らいついていったからこそ、今日の自分があると思っています。

 師というものは、大変有り難いと思っている今日この頃です。

とどろきからのメッセージのトップページへ戻る


 

Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.