税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて

とどろきからのメッセージ


人を育てる第一条件 2007年9月号(No.57)


 「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば人は動かじ」

 上記は、率先垂範を象徴する名言、山本五十六の言葉だ。

 まず「やってみせ」が最初にきていることがポイントである。
よい背中を見せること。
よい背中をみせれば、自然とその人をめざすようになる。それが人を育てる第一の条件である。

 長所をほめて伸ばしてあげる。叱って育てる。社員を育てるための手法はさまざまある。どちらにも共通しているのは、ほめる・叱る人が、それに値する人物でなければ効果はないということだ。

 ほめても動かない、叱っても動かないのであればリーダーに欠陥がある。

 この言葉にはつづきがある。
「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず」
「やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず」
(「商工にっぽん わーく02 社長!俺たちは戦力だ」より)

 名言の続きもすばらしい。

 良い上司には良い部下がいる。良い会社には良い組織がある。これ当たり前のこと。物事は何事も共鳴するからだ。
 自分の会社の業績が悪化したら、部下が育たなかったら、やはりリーダーである社長に欠陥がある(と思ったほうが良い)。
 すべての責任は社長である。「言うは易し、行うは難し。」

 社長、実行あるのみです。


とどろきからのメッセージのトップページへ戻る


 

Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.