税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて

とどろきからのメッセージ


飲食 2008年11月号(No.71)

 『麻生太郎首相の連夜の会合が世間の話題になっている。「ホテルのバーは安い」かどうかの判断は人それぞれだが、首相の足取りをみると「料亭政治」から「ホテル政治」への変化がうかがえる。共通するのは密室性。敷居の高さは異なるものの、政治家の「謀議」に向いている点は共通している。』
(日本経済新聞 平成20年10月30日夕刊)

 余談ですが、
小泉元首相は「レストラン政治」を行っていたので、時代は、料亭政治 → レストラン政治 → ホテル政治 の流れなのでしょうか。
所長からのメッセージ2006年8月号「透明性」(No.44)を参照

 巷間、麻生首相のホテル通いが話題になっています。でも、我々自身も用途によって場所を変えているのが現実です。 

 私は、昔は、居酒屋での飲食が多く、飲み物も、ビール、日本酒、焼酎が中心でした。すると、 スタッフを慰労しようと思って誘う訳なのが、いつの間にか仕事の話が中心になって、(それに、居酒屋が多かったので、女性スタッフとの会食も少なく、結局は男だけで)慰労会から説教会に、という失敗がたくさんありました。
  これでは、何のための「慰労会」「飲みニュケーション」なのかわかりません。

 このような反省を踏まえ、今では、イタリアンやフレンチを食べながら、ワインを飲みながらの内容に変わりました。(もちろん居酒屋にも出没しています。)確かに説教会は減りましたし、ワインも好きになって、 自分のペースでの飲食ができる(?)ようになりました。(笑)

  年齢が高い人ほど、お客様との飲食は別にして、飲みスタイルを変えるのは難しいのではないでしょうか。でもいつもの箸からホーク、ナイフに変更(その逆もあり)して、飲食をすると、また一味違う自分に出会えますよ。 お試し下さい。


とどろきからのメッセージのトップページへ戻る


 

Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.