税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて

とどろきからのメッセージ


世襲について 2009年2月号(No.74)

 『トヨタ自動車は先週、豊田章男副社長が6月に社長に昇格すると発表した。創業家出身の社長は叔父の達郎氏以来14年ぶり。祖父は事実上の創業者の喜一郎氏で、父は章一郎氏。

 「豊田の姓に生まれたことに自分には選択権はなかった。できることを精いっぱいやり将来はトヨタの『旗』と言ってもらえるように頑張りたい」と章男氏は記者会見で覚悟を語った。』
( 日本経済新聞 平成21年1月26日 「経営の視点」より )

 トヨタ自動車の社長に創業家が就く(大政奉還)と、巷間持ち切りですが、三洋電機の井植家、ダイエーの中内家、西武鉄道の堤家など世襲でつまずいたケースは数多く指摘されていると上記「経営の視点」では警笛を鳴らしている。

 中小企業の場合はもっぱらリスクの継承(連帯保証人や自宅の担保差し入れ)や取引先、従業員の関係から事業承継は多くが世襲です。でも近頃はこの世襲も大分減って、廃業する中小企業が多いようです。確かに、廃業の理由に、経営者の高齢化と後継者の不在が大半を占めています。

 大会社も中小企業も事業承継は戦略上重要な位置を占めます。同族経営で上手くいっているところは、世襲がスムーズにいっているところです。
 ですから、 後継者に世襲をさせたいと思うなら、後継者の前ではツライ、大変などと言わない、楽しいことがいっぱい(例えば、給与をたくさん貰える、好きなことができる)など後を継ぎたくなるように普段から広言を言うのがコツだそうです。

 避けては通れない一代イベント「世襲」。マインドコントロールがキーポイントになります。(笑)


とどろきからのメッセージのトップページへ戻る


 

Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.