税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて

とどろきからのメッセージ


ダメ経営者にならないために 2010年5月号(No.89)

 『「旅館をだめにする六つの経営者像」

(1)会議をしない − 会議は目的もなく、ただ回数だけ多くても意味をなさないが、自分に確固たる経営戦略がなく、統率力も統率しようとする意思もない

(2)数字で話さない − 売上目標を持っていないことと同意語である

(3)公私混同 − 経営不振に陥った旅館には、自分を「旦那さん」と思い込んでいる社長、自分を「奥さん」と思い込んでいる女将が少なくない。プライベートな費用も経費で落とそうとする

(4)原価を知らない − 食材の仕入れを調理場に任せ、売上は経理の担当者に任せたまま、直接、経営の根幹に触れようとしない

(5)時間と社員の管理をしない − 働くのは社員、自分たちはオーナーという意識だけが強い

(6)人材教育に不熱心 − 社員たちは宝物であるという精神に欠ける、社員それぞれの人生にも責任を持つ自覚がない 』

(「加賀屋のこころ」細井勝著 PHP研究所)

 日本一の旅館として名高い「加賀屋」さんをテーマにした著書からの抜粋です。上記、六つの経営者像、旅館を会社に替えてもらえれば、なるほど、と頷いてもらえるのではないでしょうか。

 日本料理本の購入者は、フランス料理人がよく購入するといいます。マックのライバルは、ロッテリアでもモスバーガーでもなく、コンビニ弁当であるというように自分の認識をかえなければいけない場合も多々あります。
 ダメ経営者にならないためのヒントは意外と近くにあります。

 私は会計事務所もサービス業、との思いから、CS(顧客満足)向上のための施策をいろいろ行っていますが、同業者とCSについて話すと笑われる場合が多いです。会計事務所にCSは必要ないとの認識のようですが、そんな会計事務所に限って業績は芳しくないようです。


とどろきからのメッセージのトップページへ戻る


 

Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.