税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて

とどろきからのメッセージ


経営理念 2011年1月号(No.97)

 (ご挨拶)
 明けましておめでとうございます。旧年中はお世話になりました。今年もよろしくお願い致します。メッセージも9年目に突入です。

 (本 題)
 『経営者にとってもっとも大切なのは「経営理念」。経営におけるヒト・モノ・カネのうち、ヒトは「理念」であり、モノ・カネは「ソロバン」という考えがある。一般的に、この二つは対立する概念と思われがちだが、私はまったくそう思わない。

 この両者は対立するのではなく、「理念」がしっかりしていないと「ソロバン」も合わない、そういう関係だと思っている。よき「ヒト」が集まらないと、「モノ」も「カネ」も寄ってこない、といってもよい。』

(「会社が放り出したい人 1億積んでもほしい人」 掘 紘一 著 PHP研究所)

 時代は円高、就職難、景気悪化、政治不在などと冷たい風が吹き荒れています。多くの社長たちに聞いても厳しい時代との回答が多いのですが、逆風にもめげず強かに業績を伸ばしている社長もまた多いのも現実です。

 昨年1月のメッセージで、「私は景気の動向よりも、本物しか生き残れない時代に突入した結果ではないかと思っています。企業の発展は、創業の精神に返り、短期の利益を追求するのではなく、中長期的な視野に立って企業経営を行っていくことではないかと思います。そして、本物になっていくのです。顧客創造の原点に戻る。これが今後のキーワードです。」と書きました。

 顧客創造の原点は「経営理念」。古くて新しいテーマも「経営理念」です。今こそ「経営理念」を再考するときではないでしょうか。


とどろきからのメッセージのトップページへ戻る


 

Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.