税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて

とどろきからのメッセージ


儲ける人 2011年3月号(No.99)

 『中小零細企業の経営者は、いつもギリギリのところで経営をしています。僕も、ファーストリテイリングの株式を上場するまでは、「このワンシーズンのうちになにかひとつ失敗をすれば潰れてしまうかもしれない」という恐怖と、常に背中合わせでした。

 だから僕は、経営者とは「儲ける人」だと思っています。経営者の最大の務めは、儲けを上げて会社を潰さないことです。
 会社というのは、放っておいたら潰れてしまう。潰れないように収益を上げて、社員みんなの生活がよくなるようにしていく人、これが経営者だと思います。

 当然のことながら、より多くの売り上げと粗利益があって、より少ない経費で経営しなければ利益はでません。放っておいたら自分たちのしやすいようになるだけで、経費はどんどん膨らむし、売り上げはそんなにアップしない。

(「柳井正 未来の歩き方」大塚英樹著 (株)講談社)

 「儲ける」というよりも「売り上げ」を維持すること自体が厳しい時代になりましたが、確かに儲かっている会社も多くあります。私共のお客様でも税金対策、相続対策、後継者対策といろいろな対策を練っている多くの会社があります。でも、業種・業態がよいから儲かっているわけではありません。

 会社を発展させる。これは、会社が儲からないと出来ません。そして、社長の使命なのです。

 (上記書籍の続き)
 『経営者が常に「儲けること」を意識してイノベーションを行っていかなければ、企業は成長しない。成長のない会社は、いずれ潰れてしまう。イノベーションを続けることによってのみ、企業は生き残れるのです。


とどろきからのメッセージのトップページへ戻る


 

Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.