税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて

とどろきからのメッセージ


普段の取り組みが重要 2012年3月号(No.111)

 『危機に際して企業はどう対応すべきか。松下幸之助氏の「不況克服の心得十カ条」から、今の時代に脈々と伝わるものをいくつか拾い上げる。

「責任は我にあり」の自覚を
 業績低下を不況のせいにせず、自らのやり方に当を得ないところがあると考えるべきである。○ 再点検して、自らの力を正しくつかむ  
  追い込まれると自己評価は厳しくなり、会社も個人も萎縮してしまいがち。「誤った評価が破綻を招く」と幸之助氏は説く。
旧来の慣習、慣行、常識を打ち破る
  新しい制度や商品を生み出すために、大胆な発想で状況を変えなければならない。現状の延長線上から新しいものは生まれない。
 そして第10条で幸之助氏は「 日ごろからなすべきことをなしておく 」という心得を挙げる。不況克服には普段の取り組みが重要というわけである。』

( 日本経済新聞 平成24年2月28日「大機小機」より )

 経営の神様の十カ条、至極当たり前の内容です。 でもこの当たり前がなかなかできません。 昨月まで多く開かれていた新年会の挨拶でも、未だに要は「たいへんだ。たいへんだ。」のオンパレードでした。これでは前進できません。
  結論は、できるところから一歩一歩。 これしか方法はありません。とにかく実行あるのみです。
 私の感(当たらない場合が大)ですが、世の中の景気の状態がちょっとおかしいような気がします。早めの体質改善をして下さい。

 (番外編)すごくステキな詩だったので掲載しました
 『この顔/かなしみに堪えた顔である/くるしみに堪えた顔である/人の世の様々な批判に/じっと堪えた顔である/そして/ひとことも弁解をしない顔である(中略)
 息子よ/こんな顔で生きて欲しい/娘よ/こんな顔の若者と/めぐり逢って欲しい
 ー  これは詩人、相田みつをさんの作品「こんな顔で」の一節』

( 日本経済新聞 平成24年2月25日「私の履歴書」より )


とどろきからのメッセージのトップページへ戻る


 

Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.