税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて

とどろきからのメッセージ


成果が出た方の勝ち 2014年7月号(No.139)

 『職場で学校で家庭で飲み屋で、ここ数日、寄ると触るとこの話題だった。サッカー・ワールドカップで日本はどうすれば1次リーグを突破できるか。まずは勝つのが絶対条件、それに加えてあれやこれや。たとえ可能性が低くても楽しいものである。

 解説者の山本昌邦さんが「サッカーは11人の掛け算で、1人でも0があると0になる」と書いていた。確かにそんなこともあろうが、きのうの試合は、違う意味で日本が足し算、コロンビアは掛け算をしているようにみえた。たとえば、4の力を持つ5人が20の力で攻めたのと、5の力の2人で25になったのとの差である。

( 日本経済新聞 平成26年6月26日「春秋」より  )

 サッカー選手だけでなく、今の日本人、特に若者の仕事の傾向に似ている、と思ったコラムです。目線も面白い。

 今の若者も昔と同じように一生懸命働きます。とてもまじめだと思います。でもそれだけのような気がしてなりません。それに今はPCで何でも検索できるので、特に他人に相談しなくても大抵のことは調べることはできます。だから個で仕事をしますので、数字が足し算にしかなりません。

 それに比して、昔の者はもっと粘り腰がありました。なかなか諦めない。調べようがないので、人に聞いていました。人を巻き込んでいました。ですから、飲み会も多く、その分仕事以外の繋がりも多かったように思います。どちらかっていうと、こちらの方が掛け算です。

 できる者の仕事をみると、何時の間にか人を巻き込んでいたり、うまく使っていたりします。昔のやり方。つまり、アナログ。でも成果がでた方が勝ち。成功のヒントはそこここにありそうです。


とどろきからのメッセージのトップページへ戻る


 

Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.