税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて

とどろきからのメッセージ


ビリギャル 2015年12月号(No.156)

 「私はこのコラムで書き続けている商売の考え方ややり方を全国に講演して広めているが、話を聴き、たまに「おっしゃることはわかるが、やるのは難しい」というお言葉をいただくことがある。そこでこういうお話をしよう。

 ある食品店からご報告をいただいた。この店では毎年中学生の職場体験学習を受け入れているのだが、ここ数年は、体験学習の最終日に、実際に商品を売ることにチャレンジしてもらっている。それも、普通なら達成するのが難しそうな販売目標をたててのものだ。もちろん、中学生らは販売に慣れていない。そんな彼らの目標達成の手立てが、このコラムで伝え続けている考え方・やり方、なかでも我々が「動機づけ」と呼ぶものだ。

 取り組み初年度はメロンパン110個を1日で昼までに完売。決め手となったPOP(店頭販促物)やFAXでのDMは中学生らと店主と共に作った。2年目は1袋330円のポテトチップスを100袋に挑戦し、昼までに完売。3年目は1個250円のプリンを200個、4年目はとうもろこし300個に挑戦し、見事に完売している。
 むしろ価格は高めのものばかりで、これら商品の価値をいかに表現して伝えるかに重きが置かれている。

 ちなみにこの店、人口2700人、世帯数1000世帯、60代の方が人口の60%以上という町にある、小さな店だ。それでも、正しい考え方と手立てを講じれば、中学生でも結果は出せる。
 「難しさ」とは、おのおのの心の中にある問題なのである。 」

( 日経MJ 2015年11月25日 「招客招福の法則」より )

 ちょっとコラムの紹介が長くなりました。コラムの冒頭でもあった「おっしゃることはわかるが、やるのは難しい」と言う言葉を私も良く聞きます。でもこれだと変わりません。人生を変えたい、今の自分(会社)を変えたい、と思うなら、先ずは行動あるのみです。「ビリギャル」もこれで変わったんですから(先月号参照)。来年もよろしくお願いします。 


とどろきからのメッセージのトップページへ戻る


 

Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.