税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて

とどろきからのメッセージ


親抜き消費 2016年5月号(No.161)

 『「ショッピングはおばあちゃんと」「流行は孫から」―。3世代消費が膨らむなか、中間世代(子どもの親)を介さない「中抜け」消費が広がり始めた。
 おもちゃやランドセルといった孫のための消費ではなく、孫と一緒に楽しみ、孫が刺激する消費だ。親抜きは子どもにとって超気楽で、若い感覚を持つ祖父母にとって孫は友達のような存在。

@孫は友達、増える「まごトモ」
孫が名前を呼ぶときは「おばあちゃん」ではなく下の名前で「秀子ちゃん」。一緒に買い物に出かけ、ときにおそろいのアイテムも着こなす。おばあちゃんは、「気の置けない友人のような感覚。距離感がちょうどいい相手」。

A流行は孫から、孫より定着
某おばあちゃんは、「食や家電など3人の孫それぞれに得意分野がある。ジャンルごとに相談している。孫から聞いたり、送られたりしたモノの「定着率は高い傾向」にある。

B学習系、気づけば自分のために
「孫の送り迎えをしているうちに、楽しそうだなと思って始めた」。孫娘が通っていた英語教室に月2〜3回通っている。
別のおばあちゃんは、「孫のため」にボードゲームを購入。一緒にやったら「結構頭を使う。自分の頭の体操になりそう」と追加購入するケースも目立つ。』 

( 日経MJ 2016年4月18日号「親抜き消費の伸長」より )

 なかなか面白い記事だったので紹介しました。上記記事には親は共働きが多く、孫と祖父母の距離がさらに縮む傾向にある、と書いてありました。
 よくどんな商売が調子が良いのか、などと質問を受けますが、もしかしたら方向性はあっててもターケット或いはキーになる人が違っているから、売り上げなどが伸びないのかもしれませんね。参考に。
 ちなみに、私の叔母は@のように孫に「よっちゃん」と言わせています。


とどろきからのメッセージのトップページへ戻る


 

Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.