税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて

とどろきからのメッセージ


「自分ファースト」

2017年6月号(No.174)

 政治の世界ではもっぱら「○○ファースト」がはやっていますが、今回は「自分ファースト」について。産経新聞5月9日配信のヤフーニュースには、『「給料より休日」初めて上回る 新入社員意識調査 私生活重視の「自分ファースト」』の見出しが。

その内容は、
『 会社に望むのは給料が増えることより、休日が増えること−。今年度の新入社員が「働き方」を重視する傾向にあることが明らかになった。「給料」を「休日」が逆転したのは平成16年度の調査開始以来はじめてで、「会社に尽くすのではなく私生活を重視する「自分ファースト」のライフスタイル」。

 新入社員が会社に望むことは「人間関係が良い」が最多で、次いで「自分の能力の発揮、向上ができる。」ただ、能力の発揮や向上を望む新入社員の割合は減少傾向で、今年度は6割を下回った。その一方で「残業がない、休日が増える」ことや「私生活に干渉されない」ことを望む割合は増加傾向だった。 』

 新入社員のライフスタイルが変わり、超売り手市場の今日では企業としては新入社員の採用戦略、教育育成戦略、モチベーション向上戦略など戦略の見直しは必至です。もはや昔はこうだった、はもう通用しない時代です。

 でも半数以上の新入社員は自分の能力の発揮や向上を望んでいます。一部をテクノロジー(機械など)で補い、その分いろいろな仕事にチャレンジさせて働く喜びを実感してもらうことも大切です。下記ニュースには、「寛容型」が人気だとあります。
 まだまだ日本の若者は捨てたものではないと思います。新入社員を辛抱強く見守っていくことが企業の成長発展の近道かもしれません。

最後に上記ニュースには、
『 理想の上司としてもっとも支持を集めたのは、成長を忍耐強く見守ってくれる「寛容型」。理論的で責任感の強い「論理型」や何事も熱心な「情熱型」はあまり支持されなかった。 』


とどろきからのメッセージのトップページへ戻る


 

Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.