税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて

とどろきからのメッセージ


「賃上げ・値上げ」

2017年7月号(No.175)

『 ヤマト運輸が1万人規模の採用を打ち出した。中途採用が中心で、これは業界でも異例の規模の措置だ。人件費は160億円ほど増える見込みで、これは同社の純利益の規模に匹敵するという。利益分を全て使って採用の拡大を打ち出したのだ。
 ただ、人件費の増大は宅配便などの値上げによって生まれる収入の増加で賄う予定であるという。利益を全て食ってしまうわけではないようだ。

 ヤマトが1万人規模で新規採用することは、他の企業から1万人の労働力が抜けるということである。

 こうした人材獲得競争は賃上げを伴う。1万人規模の中途採用をするということは、ヤマト運輸はそれなりの賃金を提示することになる。人を確保するためには、他の企業もそれなりの賃上げを求められることになるだろう。 』

( 日経MJ 2017年5月10日 「伊藤元重のエコノウオッチ」 )

 私共でも「時短」や「在宅」の取り組みを行っていると既報でお知らせしていますが、実は同時に賃上げも行って人材の確保に取り組んでいます。でも賃上げは新人だけではなく既存者の賃上げにもつながるため相当額の賃金上昇となりました。これでは、ヤマトと同じく組織が維持できません。ですから、一部の顧客には仕事に見合った「値上げ」をお願いしています。ちょうど、テーマの「賃上げ・値上げ」の状況です。
 ITを駆使した業務の効率化や業務の見直しを行い、顧客の理解も得ながら事務所経営をしなければならない難しい時代です。同業他社も同様でしょう。
だからこそ、今がチャンスではないかと思っています。がんばりましょう。

 

最後に上記ニュースから
『 驚くべきは、これまでヤマト運輸が料金引き上げをしてこなかったことだ。ヤマト運輸に限らないが、日本の多くの経営者はあまりにデフレの呪縛にとらわれすぎているように見える。
 こうした呪縛が解けない限り、日本のデフレからの脱却は難しい。その意味でも、今回のヤマト運輸の対応の広がりに注目したい。 』


とどろきからのメッセージのトップページへ戻る


 

Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.