税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて

とどろきからのメッセージ


「会社を潰すのは経営者」

2017年8月号(No.176)

『 日本マクドナルドの創業者、藤田田氏は講演会で「給与を払いすぎて潰れた会社はない。会社が潰れるのは経営者が無能だからだ」といって、周りを慌てさせたという。 また、「どんな環境でも売り上げを伸ばすのが商人の知恵であり、才覚である。売り上げの低迷を世の中や政治のせいにするのは、己の知恵のなさや勉強不足を露呈しているにすぎない」とも言っていた。

 こういう時に企業が売り上げを増やすのは難しい。また経営学でも企業業績は企業の置かれた産業環境などによる部分が大きく、経営者の能力による部分は小さいとの研究もある。
 だが、従業員と経営者のどちらかが企業業績に責任が重いかといえば、結論は言うまでもない。経営に責任を持つから経営者という。

 より気になるのは日本の経営者の高齢化だ。東京商工リサーチの2016年全国社長の年齢調査によると、16年時点の日本の経営者の平均年齢は61.19歳と、5年前の60歳からさらに高齢化している。また70代以上が増加している。そして同調査によると経営者の年齢が上がるにつれ、減収企業、赤字企業の割合が増えてくる。 』

( 日本経済新聞 2017年7月7日 「大機小機」より )

@バブル崩壊時は景気の責にする経営者が多かったです。(この頃はほとんどいません。)確かに、景気の責にする経営者の会社は業績が良くなかったような気がします。会社の業績は社長次第ですから、やはり他への責任転嫁では問題解決への道が遠くなります。

A後継者がいない会社が多いです。赤字会社だからとか、子供がいない継がないなどの理由です。でも結構優良な会社も多いのです。やはり今後はM&Aの時代です。社員を守り、社長の思いを継承してくれる会社であれば事業を譲り渡しても良いのでは、と思います。M&Aを考えることは、決して悪いことではないからです。チェレンジしてみませんか。


とどろきからのメッセージのトップページへ戻る


 

Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.