税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







采配
税理士法人とどろき会計事務所
井口 忠
 この原稿を書いている現在、ワールドカップドイツ大会が開催されてから数週間が経ち、決勝トーナメントへ進出が確定しているチームがぞくぞくと出てきていますが、われらが日本代表に関しましては初戦オーストラリアに1−3で惨敗し、2戦目のクロアチア戦においては両チームが決定力を欠き0−0の引き分けとなり、前回大会王者ブラジルに勝たなくては決勝トーナメントに進出できないという状況です。

 私自身はサッカーの経験もなく普段サーカーの試合もほとんど見ていませんのでサッカーに関してはあまり詳しくはないのですが、オーストラリア戦のジーコ監督の采配に関してはどうなのかな?と疑問をおぼえました。

 オーストラリア戦に関して言えば、FIFAランキングとは別に実際の実力で考えると相手の方が上だったのだと思いますが、今回の日本の敗戦は監督の采配の差だとも言われています。ヒディング監督は、日本に先制は許しましたが冷静に考えお互いの体力が消耗してきた段階で先発組みよりも優れているともいわれる攻撃陣を投入し最後の10分間で3点も取り逆転勝利に導きました。

 一方、日本に関しては私から見ていてちぐはぐな采配だと感じました。

 なぜ、体力的にぼろぼろの状態の選手を代えて追加点を取りに行かないのか、又は守りを固めないのか。攻撃の選手を入れ代えたのも残り3分でした。

 小野伸二の投入にしてもジーコは中盤の守りを安定させるために入れたつもりが、小野自身は点を取りに行くつもりで投入されたと思っていたということですから、トップの意思がまったく伝わっていなかったということです。おそらく他の選手達にも監督の意図は伝わっていなかったでしょう。会社で言えば既存のお客様を大事にする事を目的として動かした従業員が新規顧客を開拓するために行動し、既存のお客様をないがしろにしてしまったと言うことでしょうか。そうなってしまえば、既存のお客様を失ってしまう結果になってしまうのも無理はありません。

 会社経営の采配を揮うのは社長です。昔から言われるように「人・もの・金」をどのように使うかによって会社の成長が変わってきてしまいます。

 会社を成長・発展させるのは社長の采配・決断次第です。社長の考え、会社の進もうとしている方向を従業員に浸透させ、常に意識させ、会社全体で同じ方向に向かうのが会社の成長・発展に必要な事です。

 皆様には是非、良い采配を揮って会社を発展させて頂きたいと思います。




Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.