税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







プロ意識について
税理士法人とどろき会計事務所
飯田 敏久
 今年も残すところわずかとなりましたが、振り返ってみると、今年はスポ−ツ界で多数のイベントや出来事があり、スポ−ツ好きの自分としてはかなり楽しむことができました。

 今年は、第1回目のWBCという野球のワ−ルドカップで日本が世界の頂点に立ったことから始まり、サッカ−のワ−ルドカップ、プロ野球の日本シリ−ズでの日本ハムファイタ−ズの優勝と続き、最後に松坂の移籍金60億円という想像もつかない金額でのメジャ−リ−グへの移籍など、その時々にいろいろな話題を提供してくれました。そして、その中に、その時々の「プロ意識」というものを感じることができました。

 単に「プロ意識」といっても、いろいろなかたちがあると思います。その中で、自分が感じた「プロ意識」について述べてみたいと思います。

 「プロ意識」で感じたのは、野球でのイチロ−・新庄の両選手とワールドカップでの中田選手の違いです。その違いが結果に結びついたとは言えませんが、勝たなければならない勝負の世界では、はっきりと明暗が出たような気がします。

 イチロ−選手については、今までのイメ−ジが全く変わりました。今までのイメ−ジとしては、野球に対する取り組み方やプレ−については超一流ですが、それ以外の面においては、マイペ−スであり、良くも悪くも自己中心型だと思っていました。しかし、WBCの時からのイチロー選手は全くの別人に私の目には映りました。これまで見たことのないような笑顔や明るさで、練習や試合に率先して一生懸命に取り組み、周りの選手まで変えてしまいました。その結果が優勝ではないでしょうか。

 これは日本ハムの新庄選手にもいえるような気がします。日本ハムに入団するまでは、私の中での印象は決して良いものではありませんでした。しかし、日本ハムでの新庄選手は真の「プロ意識」を持ったプロ野球選手だったのではないかと見方が変わりました。引退時のインタビュ−での本人の考え方に「プロ意識」感じることができたからです。北海道に本拠地を移転した日本ハムにファンの目を向かせるため、自らが道化役をこなし、まず自分を見に来てもらい、見に来てくれた人に野球の楽しさを知ってもらい、最後には日本ハムのファンになってもらう。そこまで考えて行動していたことを語っていました。結果として、北海道に根付き、他の選手もたくさんの観客に見られることにより、今まで以上に真剣にプレ−をするようになり、チーム力も向上し、結果として日本一となり、ファンの期待に応えました。

 最後に、サッカ−のワ−ルドカップでの中田選手ですが、実力・人間性とも申し分ないと思います。しかし、結果は出すことができませんでした。イチロ−・新庄両選手の役割をするのが中田選手だったと思います。では、何が違うのかと考えてみると、自分の考え方を周りに理解してもらう努力・環境および明るさではないでしょうか。テレビの画面に映る中田選手は常に必死の形相でした。しかし、イチロ−・新庄両選手は試合中も笑顔でプレ−を楽しんでいるように見えました。そこが大きな違いかもしれません。

 やはり、「プロ」というものは常に結果が求められ、勝たなければダメです。それには、周りの人を巻き込むことが大事であり求心力が必要です。




Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.