税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







活気のある職場を目指して!
税理士法人とどろき会計事務所
山本 英司

 NHKの大河ドラマ「龍馬伝」をご覧になっている方は多いのではないでしょうか。坂本龍馬役の福山雅治さんはもちろんですが、主役を食ってしまうほどの香川照之さん(岩崎弥太郎役)の演技が凄いと思います。何が凄いかというと大声を張り上げて演じる香川さんの見事なまでの存在感です。私の職場でも仕事のできる先輩は声を張り上げて仕事をしています。

 以前ある会社の社長から「轟さんのところは電話を取るのが早いし、いつも取ってくれる大きな声の人は誰?」と尋ねられたことがあります。私どもの事務所で電話に出るのは新人と原則決まっています。大きな声で電話に出る人と言えば何人か見当が付きますが、彼らがいつも電話に出ているわけではありません。しかし、大きな声で元氣な対応は相手に印象を与えるのだなと思いました。

 そもそも電話は、言葉遣いや顧客に対する態度など、社会人としてのマナーが鍛えられます。顧客と直接話をすることで、自分の会社がどういった相手とビジネスをしているのか、どんな取引先と関係しているのか、会社の仕組みも覚えることができます。たかが電話、されど電話取りは、新人の仕事だと思っています。あと電話には、問題処理の即応力が鍛えられます。電話を受けて「会社の代表」として顧客からの要望やクレームを聞くことで、この内容ならどの部署に取り次げばいいのか、顧客が何を求めているのかを判断して、対応する力がつくとも思います。

 最近の「草食?」と言われる人は電話をかけていても会話が聞き取れません。別に盗み聞きするつもりはないのですが、職場では陽気に喋ったほうが活気も出てくるのではないかと思います。今流行りの脳科学でも音は、うつ病やアトピー、自律神経失調症の予防になると言われています。ヒトの脳は高周波の音を聞くとα波をたくさん出す。これが心身をつかさどる脳幹や視床下部などの血流を良くし、免疫やホルモンの分泌を正常にさせるそうです。

 静まり返ったオフィスでは活気も生まれませんし、静か過ぎると、逆に気が散ることもあると思います。活気がなくて業績アップなんて望むべくもありません。どんどん大きな声で談論風発すべきなのだと思います。率先垂範。私も香川照之さんの様になりたいと思います。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.