税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







税理士法人とどろき会計事務所
伊藤 将英

 最近、NHKの大河ドラマ「龍馬伝」の影響がありまして、坂本龍馬がメディアをにぎわせていますが、同じくNHKのスペシャルドラマで昨年末から3年にわたって全3部で放送される「坂の上の雲」をご存知でしょうか。

 「坂の上の雲」は、司馬遼太郎さんによる長編歴史小説です。ほかにも「竜馬がゆく」や「翔ぶが如く」など有名な著書が数多くあります。私が読んだものの中で今回は「坂の上の雲」をご紹介します。

 「坂の上の雲」とは、封建体制の世から目覚めたばかりの日本が、そこを登り詰めてさえ行けば、やがては手が届くと思い焦がれた欧米的近代国家というものを「坂の上にたなびく一筋の雲」に例えた切なさと情景をこめた題名です。

 当初は秋山好古、秋山真之の兄弟と、正岡子規の3人を主人公に、松山出身の彼らが明治という近代日本の勃興期を、いかに生きたかを描き、青春群像小説の面も強調されています。
 弱い基盤しか持たない近代国家としての日本を支えるために、青年たちが自分と国家を同一視し、自ら国家の一分野を担う気概を持って各々の学問や専門的事象に取り組む明治期特有の人間像として、好古における騎兵、真之における海軍戦術の研究、子規における俳句や短歌の改革運動等があげられ、各々が近代日本の勃興期の状況下での代表的な事例として丁寧に描かれています。
 後半は、秋山兄弟が深く関わった日露戦争が中心となり、本来の主人公である秋山兄弟の他に児玉源太郎、東郷平八郎、乃木希典などの将官や各戦闘で中心的な役割を果たした師団と日本海海戦について時系列的にわかりやすく書かれています。

 この書籍を読んで感じたことは、質素、倹約して自分を律してひたすら自分の目標に向かって行動していく姿であったり、日本という国が諸外国と対等になるためにどうすればよいかということを多くの人が考え行動していたことなどその時の時代背景の影響があるものの、現代においても見習う点が多くあると思いますし、これを期に自分の目標を再確認し、坂の上の雲を目指して行動できればと思います。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.