税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







ロンドン五輪を終えて
税理士法人とどろき会計事務所
新井 大慶

 この原稿を執筆中、ロンドンオリンピックが華々しく開催をし、様々なドラマと共に閉幕しました。選手と関係者の皆さん本当にお疲れ様でした。また、様々な感動をありがとうございました。

 今大会、日本が獲得したメダルは、金メダルが7個、銀メダルが14個、銅メダルが17個の合わせて38個となり、2004年のアテネ大会を上回り、史上最多となりました。さらに、バドミントンでは、女子ダブルスの藤井選手、垣岩選手のペアが銀メダルを獲得し、卓球では福原愛選手などが出場した女子団体で銀メダルを獲得するなど、いずれの競技も初めてのメダル獲得もしています。また、バレーボール女子とウエイトリフティングは28年ぶり、ボクシングは男子ミドル級の村田選手が1964年の東京大会以来の48年ぶりの金メダルを獲得するなど、新たな歴史が刻まれたことは大変嬉しいことです。今回のロンドンオリンピックは、参加した24競技のうち半数以上の13競技でメダルを獲得し、これまで実績のなかった競技で躍進したことはとても大きな成果だったと思います。

 個人的に印象に残ったのが、残念ながら柔道男子で金メダルの獲得を逃したことです。
 私も昔柔道をしていたこともあり、毎大会楽しみにいていたのもありますし、日本のお家芸とも言われている競技ですので、各選手の活躍を期待していたのですが、今大会は残念な結果となってしまいました。その原因はいろいろとあるとは思いますが、様々な報道や、雑誌等で、 お家芸であったはずの柔道が、いまや国際競技となった「 JUDO」に逆に遅れをとってしまった感がある。と言われています。事実フランスやロシアでは日本より柔道人口が多かったり盛んだったりしますので、 組んで、崩して、柔道技で投げる柔道から、スピードとパワーを使い、様々な格闘技から採り入れた技で相手を倒すJUDOに時代は変化していった感があります。一本を狙う柔道が、JUDOに一本負けをする光景が何度もみられました。あんなの柔道じゃない。試合には負けたが、勝負では負けていない……と言ってみても、それはもう負け惜しみに過ぎません。今後日本柔道が再び世界一になるためには、世界のJUDOに対応をし、超えていくしかありません。

 強かったはずの日本の家電が国際競争力を失って不振にあえいでいる姿と重なって見えたり、ビ ジネスの世界でも同様のことがおこっているなと感じることがあります。 柔道も家電も "ビジネスモデル"の見直しが迫られている、古き良き時代の精神や伝統などはとても大切な事だとは思いますが、ひとつの事に固執し過ぎず、様々な変化に対応することも必要なのだと私自身の仕事を通じても最近思うところがあります。

 次回リオデジャネイロオリンピックでの日本柔道の活躍とこれからの日本経済のますますの発展を祈念いたします。頑張れ日本!





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.