税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







継 続
税理士法人とどろき会計事務所
伊藤 将英

 この時期になりますと毎年、健康診断の結果が届きます。
 皆さんは健康診断を受けていますでしょうか。私の場合、事務所に入社以来、体重が毎年増加傾向にあり 10 kg以上は太ってしまいまして、昨年までの健康診断の結果といえば「メタボリックシンドロームの傾向にあります。運動と食事療法で生活習慣の改善を心掛け、定期的検査を受けてください。」とのことでした。
 さすがに問題だと感じまして、生活習慣の改善に取り組むことにしました。
 運動につきましては、4年ほど前からジム通いを続けていますが運動している分安心して食べすぎていたのか、運動量が足りなかったのか、さほど体重等には変化がなかったのですが、昨年末からは新たに加圧トレーニング(成長ホルモンの分泌を促し、体脂肪の分解・筋肉の形成をし、基礎代謝を高める効果があるトレーニング)を取り入れました。
 食事につきましては、昨年末から夕食時のみ炭水化物を摂取するの止めたり、油っぽい食事はしないことを意識して取り組みました。

 ここで、いつも身体作りの参考にしています雑誌T arzan より運動・食事について参考したい記事が載っていましたのでご紹介いたします。
 「運動編」男性も女性も筋肉が体重の 30 〜 40 %を占めており、ボディラインを決めている。ゆえに見た目を変えたいなら筋肉を鍛えるのが近道なのだが、筋トレで変わるのは見た目だけではない。筋トレには、アンチエイジング効果もあるのだ。筋肉の 70 %ほどは下半身に集中しているが、 30 代以降は加齢によって下半身の筋肉は年 1 %ずつ減っていく。その結果、たとえば大腿筋前側の筋肉は、 70 代になると 30 代の半分ほどまで減ってしまう。まさに、「老化は足腰から」なのだが、足腰が弱ると疲れやすくなるので、日々の活動量がダウン。家事や通勤といった日常活動による消費カロリーが落ちるし、基礎代謝量も減り、太りやすくなる。これからあなたを宿命的に待ち受けている中年太りを未然に防ぐためにも、筋トレは必要不可欠なのである。

 「食事編」食事コントロールによるダイエットの場合、 1 日 3 食のボリュームの比率は 3 : 4 : 3 。朝食は必須。理想をいうなら 3 食のうちで最もボリューミーに食べたいところだが、現実問題としてなかなか難しい。一方、夜の過食は肥満に直結するので、こちらも適量に抑える必要がある。で、結果的に一番のごちそうが食べられるのはランチタイムということに。 1 日の摂取カロリーを 1800k カロリー kcal に設定したとすると、朝夜は 540 kcal 、昼 720 kcal となる。ちなみに、主食や 3 大栄養素のカロリーも基本のキ。茶碗に軽く 1 杯( 140 g)のごはんのカロリーは 235 kcal 。 3 大栄養素のカロリーは、糖質とタンパク質が 1 g当たり4 kcal 、脂質 9 kcal 。脂質が他の栄養素の倍以上のハイカロリーだってことを、心しておこう。

 昨年末からの上記の運動と食事を継続した結果、今年の健康診断結果はめでたくA判定ということで体重も 8 kgほど減っていました。
 何事もそうですが継続することは大事だなと改めて感じましたし、これからも継続していけるように努力したいと感じました。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.