税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







考え方
税理士法人とどろき会計事務所
野口 由雅

 私の甥が、今年の4月に晴れて大学を卒業し新社会人となりました。ようやく一人目の子育てが終わり、姉も肩の荷が少しだけおりたようです。

 大卒予定者の就職内定率が過去3番目に低く(80.5%)、就職難であるといわれるがためでしょうか、学生には安定志向があり、まだまだ大手企業が人気のようです。

 中小企業においては、新入社員を毎年継続して採用するのは資金的にもなかなか難しいのが現状でしょう。人・物・金・情報といった経営資源が乏しい中小企業においては、従業員は、「人材」ではなく「人財」とも言われるように、企業にとっては重要な財産です。

 しかし、新入社員は、給与は1人前だが仕事は半人前であり、会社の戦力となるには少し時間がかかります。社会人としてのマナーの他、いろいろな事を指導し育てていかなくてはいけません。また、研修などを通じ、その会社の経営計画や理念を理解させる必要があるでしょう。私が今まで受けた研修の中に、とても印象深いものがあります。それは仕事の「考え方でありますが、

「 仕事 = 考え方 × 熱意 × 能力 」


 これは、掛け算ですから、熱意と能力が高くても(プラスであっても)、「考え方」がマイナスであれば、結果はマイナスになってしまう。能力、熱意も大切だが、「考え方」も大切であると教えでありました。この研修から私もこの「考え方」というものを重視するようになり、仕事においては社長の「考え方」を理解するよう心がけ、行動しています。

 新入社員に、社長の「考え方」をお話ししてみてはいかがでしょうか?
また、この「考え方」を経営計画・理念に盛り込んで唱和していけば、社員としての心得、行動指針にもなっていきます。

 そして、会社の財産となる人財を育ててください。数年後には、会社の理念を理解し貢献してくれる「人財」になってくれることと思います。

 私も事務所だけでなく、お客様にとっても、「人財」であると思われるように日々精進して参ります。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.