税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







元祖「ご当地」!?
税理士法人とどろき会計事務所
尾崎 鉄朗

 先日、あるキャラクターの経済効果が293億円に達したというニュースが有りました。
そのキャラクターとは、熊本県のPRマスコットで、どこかとぼけた愛くるしい姿が人気の2011年  「ゆるキャラグランプリ
の王者「くまモン」です。
 「くまモン」は九州新幹線の開業に合わせて、2010年に登場したマスコットですが、最近は海外進出も果たし、その人気は衰えることを知りません。
昨今は、地域のPR策としてこうした「ご当地ゆるキャラ」やB1グランプリを代表とする「ご当地グルメ」といった「ご当地もの」が定番となっている訳ですが、そんな「ご当地もの」の元祖(?)ともいえるものが、「ご当地ナンバー」です。

 車のナンバーには「品川」とか「練馬」とか必ず地名が入っていますが、この地名はその車の使用の本拠地を管轄する陸運支局または検査登録所を示しています。つまり、「練馬」ナンバーであれば、住まいの地域が「東京運輸支局 練馬自動車検査登録所
の管轄で有ることを示しています。
 しかしながら、平成16年に国土交通省は、この原則によらない「ご当地ナンバー」制度の創設を発表しました。この制度は、地域振興・観光振興を目的とされ、これによりナンバーの地名表示は必ずしも原則に縛られないこととなりました。公募の結果により、先日世界遺産に指定された「富士山(旧:山梨・沼津)や「川越」(旧:所沢)など19のご当地ナンバーが誕生し、平成18年からその運用が開始されています。

 そして今年、第二弾の公募が行われました。世界遺産に登録され注目を集めている「平泉」や日光東照宮で有名な「日光」など10地域からの申請があったそうです。
 その中で注目を集めているのが、「世田谷」(現:品川)「杉並」(現:練馬)の2つのナンバーです。特に世田谷区は「世田谷」ブランドの知名度アップに向けて力を入れているようです。
 東京23区でもブランド力の高い両区のご当地ナンバーが、地域振興・観光振興を目的として創設されたご当地ナンバーの趣旨から認められるのか、また“原則として単独の市町村ではなく、複数の市町村の集合体であること”という基準も有ることから、その成り行きが注目されます。
 
 地域経済格差が広がっていく中で、地域をアピールしていくことは地域振興策として重要なことであります。その中で「ご当地ナンバー」は地域の知名度やブランド力構築に一定の役割を果たすと思われます。
 一方で、行政コストの問題もあり、昨今の「ご当地ゆるキャラ」の乱立のように、いたずらに数を増やすわけにはいきません。 
 果たして、「世田谷」ナンバーは誕生するのか?
 国土交通省は、今年9月頃に結果を発表するそうです。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.