税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







祝世界遺産登録へ
税理士法人とどろき会計事務所
橋本 崇浩

 先日、私の地元群馬県から「富岡製糸場と絹産業遺産群」の世界文化遺産登録内定というビッグニュースが飛び出しました。我々群馬県民にとっては大変なビッグニュースであり、観光収入をはじめとする地域の経済効果への期待は大きく膨らんでいます。また今回の世界遺産登録によって、毎年県別ブランド力で下位を争っている群馬県もやっと下位から浮上できるのでは、といった期待も膨らんでいます。

 ただ、私をはじめ周囲の多くが、富岡製糸場を当たり前のように知ってはいるものの、現地へ観光に行ったことすらなく、その歴史的価値や今までの経過などほとんど知らないというのが本音で、なんかいつの間にか世界遺産、これはすごいことになった。といった感想を持っている人も多いです。

 これを機に調べてみると「富岡製糸場と絹産業遺産群」とは以下の4ヵ所で、明治日本の高い技術革新と世界の絹産業の発展に貢献したという歴史的価値、またその奇跡的な保存状態が評価されているようです。

 (1) 富岡製糸場(富岡市)
 フランスの技術を導入した日本初の本格的製糸工場
 (2) 高山社跡(藤岡市)
 日本の近代養蚕法の標準「清温育」を開発した場
 (3) 田島弥平旧宅(伊勢崎市)
 瓦屋根に換気設備を取り付けた近代養蚕農家の原型
 (4) 荒船風穴(下仁田町)
 自然の冷気を利用した日本最大規模の蚕種貯蔵施設

 ある雑誌記事によると、今回の世界遺産登録により観光客が昨年の2.4倍の74万人、経済効果は年間34億円をはじき出すとしています。群馬県民にとっては期待大といったところですが、一方で07年7月に世界文化遺産登録された島根県の石見銀山や、11年6月に同じく世界文化遺産登録された岩手県の平泉など、世界遺産バブルは一過性のもののようで2、3年もすると大きく観光客を減らしてしまうといった結果もでているようです。

 現在、円安効果や国をあげた観光振興によって、外国人観光客市場いわゆるインバウンド市場が大きく動いています。特にアジア圏からの観光客を中心にその数を伸ばしていて、今までメジャーとされた観光地以外の少しマニアックな観光地への需要も伸びているようです。6月中にも世界遺産登録の可否が発表される見込みですが「富岡製糸場と絹産業遺産群」もこういった現状をチャンスとし、ぜひ一過性でなく、文字通り単なる「遺産」で終わらないようにしてもらいたいものです。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.