税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井大慶飯田敏久井口 忠内田久美子佐藤忠輝千葉雅司野曽木尊之山本英司

「情熱・熱意・執念の経営」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
飯田 敏久
  この本を読んでまず感じたことは、成功するどの経営者も、自分及び自分の会社の将来像が鮮明に描けているのではないかということです。鮮明に描けているので、どんなに困難と思われることであっても当たり前のことを当たり前に、ごく普通に行うことが出来る。また、この本の最初にも書かれているように、「夢を形にするのが経営だ」という強い信念のもと、自分を鼓舞して全力投球が出来るのではないでしょうか。

 この社長の素晴らしいところは、中堅企業のときから、中堅企業の強みを知っていたことだと思います。中堅企業が強みをいかんなく発揮する秘訣は、社長が先頭に立って、一人ひとりの社員のやる気に火をつけてまわることだということです。実際、自分が新人時代に社長に声をかけられ、感激した体験を自分の教訓にし、たとえ新人の社員であっても名前で呼びかけ、ひとこと、社長自ら気軽に声をかけるように努力している。また、社員からの年賀状に対しても、一人ひとりに一言添えて返事を書いている。これは、社員一人ひとりの顔が見えていなければ出来ないことである。

 「経営の極意」についても書かれていました。会社の経営は究極まで突き詰めていくと、実に単純明快な答えが導き出されるということです。それは、自分自身で心掛けていても、なかなか出来ないことですが、原理原則にしたがって、当たり前のことを当たり前にやっていくということです。「継続は力なり」という言葉のとおり、一切の妥協や譲歩を許さず、誰にでもわかっている当たり前のことを、淡々と持続させていくこと以外に成功する極意も秘訣も存在しない。メーカーにとって当たり前のことは、世の中で求められている品質のものをどこよりも安いコストで作ることだと書いてありましたが、これは、どんな仕事についても言えることではないでしょうか。お客様のニ−ズに答え、品質の優れたものを、適正な価格で供給し続けることが、「経営の極意」である、これが当たり前のことを当たり前にすることではないでしょうか。

 次に、人間は、本当に痛い目に遭わなければ思い切った転換をすることが出来ない。逆境に立たされたとき、それをチャンスに変えることが出来るか、それともピンチを広げるかは、一瞬の決断と、その決断をいかに実践していくかにかかっている。成功例と失敗例の積み重ねの中から生まれたのが、この会社の理念と財務戦略だということです。この社長は、通常の意志決定は1分以内を原則としているという。これを可能にする秘訣は、基本方針、基本理念を自分自身で絶えず反芻、確認してなければ出来ない。大きな失敗を踏み台にすることによって、より大きな成功を手にすることが出来る。

 この本の中で、会社経営から得た教訓がいくつか書かれていました。その一つが「問題は必ず解決できる」です。これは、途中でギブアップせず出来るまでやる。出来るまでやれば必ず出来る。大切なのはこうした積み重ねで、やれば出来るという自信を持つことではないでしょうか。

 最後に、優良企業の共通点が書かれていました。それは「当たり前のことをあたりまえにやる」「その日にやるべきことを翌日に残さない」という2点です。この2点を徹底できれば会社は変わると思います。それには、まず、トップの高い意識があり、それに社員が共鳴すれば、会社全体の意識が向上していくと思います。これが出来れば優良企業の仲間入りを果たすことが出来るのではないでしょうか。




Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.