税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井大慶飯田敏久伊藤将英井口 忠内田久美子佐藤忠輝高井亮成千葉雅司
野曽木尊之原尻修宇藤田賢山本英司


「一勝九敗」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
伊藤 将英
   私の記憶だとユニクロ((?ファーストリテイリング)という会社を最初に知ったのがテレビに取り上げられ独自のコンセプトで伸びている会社だということ、またCMでも商品のウリを前面に押し出し一味違った感じのCMだったということです。

 この会社が現在のように成長できた要因は何か。それにはいろいろな要因が考えられるが、会社の考えである経営理念から探っていきたいとおもいます。

 この会社には二十三条の経営理念があり、それを作った理由として、まず、勤める個人個人は全部違う人間であり、人数が増えてくるとそれぞれ違った考え方、違った方法で仕事を始め、個人的にはよいかもしれないが全体的にまとめるとバラバラで効率が悪い部分がでてくる。次に会社としての考え方をはっきりとさせること。三つ目に「どういう会社にしたいのか」と「どういう人たちと一緒に仕事をしたいのか」を明確に示すこと必要であるといっています。

 会社というのは、人にとって日常の一部なので惰性で仕事をするようになるため、自分は何のために会社で働いているのかを忘れないために明確な理念が必要となります。

 経営理念の第九条に「スピード、やる気、革新、実行力の経営」というものがある。先頭に掲げた「スピード」こそ、商売や経営に欠くべからざるべき大事な要素であり、また、失敗するのであれば早くに失敗し、その次に失敗しないようにするにはどのようにすればいいのかを考える。そこで「工夫」といううものが生まれ次に役立っていくのである。次に「実行」するということである。ただ計画や勉強ばかりしていてもはじまらないのである。実行してこそ次が見えてくるのである。

 この本を読んで、成功の要因としてはいろいろあると思いますが、やはり経営者は先頭に立ち、自分の会社の将来的な展望をもち、失敗にめげず、目標に向かって実行していくことが重要な点ではないかと感じました。また、会社経営における人のつながりを生かし、自分たちのウリとなる商品を新しい市場へ売り込み、開拓していくことが会社の発展につながっていくのではないかとかんじました。




Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.