税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井大慶飯田敏久伊藤将英井口 忠内田久美子佐藤忠輝高井亮成千葉雅司
野曽木尊之原尻修宇藤田賢山本英司


「一勝九敗〜ユニクロ 失敗しても勝つ経営〜」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
野曽木 尊之
   ユニクロのテレビコマーシャルを初めて見た時のインパクトは、今思い出しても強烈なものでした。それは、関西のおばちゃんがユニクロのレジの前で、「この服、気に入らんから交換して」と言いながら服を脱ぐというCMでした。最初は良い印象は無かったのですが、頻繁にCMを目にするごとに、服が気に入らなければ交換してくれるんだと言うことが伝わってきて、一度行ってみようという気を起こさせました。確かにその当時は今のような品質では無かったため、次に足を運ぶまでには2年ほどかかりましたが、その後の低価格・高品質の実践には目を見張るものがあります。

 このCMによる“ユニクロ”というブランドの知名度は一気に上がったと思います。それは、何をお客さんに訴えたいか、ということがはっきりとCMから伝わってきたからでしょう。ですが、広告は実質がともなっていないと、広告そのものが無駄になってしまいます。実質が十あったとすると、それこそがセールスポイントであり、その実質をうまくつく広告をすれば、十のものが二十にもなるのです。広告は実質とのターボエンジンのようなものであり、絶対に実質がともなわないといけません。現代人は情報によって行動することが多いので、良い商品を提供することが出来るということだけでは売れません。それは、お客さんに伝えなければ良い商品が無いに等しいからです。

 経営や商売には失敗がつきもので、十回新しいことを始めれば九回は失敗します。現実はいつでも非常に厳しく、経営環境は目覚しいスピードで変化していきます。そのスピードに追いつきながら経営を続け、会社を存続させていくには、常に組織全体の自己革新と成長を続けていかなければなりません。そのため経営者は、高い目標を掲げそれに向かって実行努力することが大事です。人は安定を求めるようになると、そこで成長が止まってしまうからです。高い目標を持ち、綿密な計画を立て、それを紙に書き、実行の足跡とつねに比較し、修正していくことです。

 失敗には、次に繋がる成功の芽が潜んでいるものです。危機に繋がるような致命的な失敗は絶対にしてはなりませんが、実行して失敗するのは、実行もせず、分析ばかりしてグズグズしているよりは断然良いです。失敗の経験は、身につく学習効果として己の財産になるからです。問題は、失敗と判断した時にすぐに撤退できるかどうかです。儲からないと判断したら、その事業を継続すべきでないのは明白だからです。撤退もスピードが大事になります。短期間の内に撤退方針を決め、人員の再配置を決めなくてはなりません。そのため、グズグズしているとその分損失が膨らむだけです。失敗に学ぶことと、撤退のスピードが何よりも大切になります。




Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.