税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井大慶飯田敏久伊藤将英井口 忠内田久美子佐藤忠輝高井亮成千葉雅司
野曽木尊之原尻修宇藤田賢山本英司


一勝九敗 〜ユニクロも失敗ばかりだった。〜
税理士法人とどろき会計事務所
山本 英司
   フリースの爆発的な人気によりその名を全国区に押し上げた「ユニクロ」。このブランドを展開する株式会社ファーストリテイリングの創業者である柳井正氏が、創業より現在までの歩みをつづった本です。マスコミに持ち上げられたり、ブームが去ったあとには一変して叩かれたりした同社に対し、紆余曲折が激しいイメージを持っている方も多いでしょう。確かに本書を読むと、同社には数々の失敗や停滞期があったことがうかがえます。しかし同社の特徴は、失敗を恐れない姿勢にあります。失敗から学習し、すばやく方向転換をしていくその経営姿勢は、失敗をそのまま放置したあげく、倒産にいたる大企業とは根本的に異なっていると思います。

 「経営は試行錯誤の連続で、失敗談は限りなくある。商売は失敗がつきものだ。十回新しいことを始めれば九回は失敗する。」 成功した経営者のなかには、「百回に一回程度しか成功しない」などとおっしゃる方もいます。「フリースの場合は成功したが、他については失敗は数知れず。当社は数々の失敗を繰り返して、学習してきた会社だと思っている」「失敗は誰にとっても嫌なものだ。目の前につきつけられる結果から目を逸らし、あるいは蓋をして葬り去りたい気持ちにもなるだろう。しかし、蓋をしたら最後、必ず同じ種類の失敗を繰り返すことになる。」

 著者が繰り返し伝えようとするものは、「失敗から学ぶこと」これを平凡なメッセージと通り過ぎてはいけないと考えます。本書を読み進むにつれて、ファッションや流通の分野にとどまらずわが国の企業経営に少なからぬインパクトをもたらしたユニクロの、その躍進の源泉がそこにあるからです。「失敗に学ぶことと、リカバリーのスピード。これが何より大切」「早く『失敗した』と認識しないとダメ」というメッセージは、失敗することに臆病な時代のなか、私は激励として感じました。また、成功に関する考え方もユニークです。 「成功するということは、保守的になるということだ。商売というのは、現状があまりうまくいかないときに、『だったら、どうやればうまくいくのか』ということを徹底的に考えるということであり、成功したと思った時点でダメになるのだ。」という言葉は、現在も海外進出や新規事業に果敢に取組んでいる同社の本質をうまく言い表しています。

 最近の日本経済は、政府見通しや各種機関の調査結果によりバブル崩壊から続いていた不況を脱し、回復基調の波に乗ったと言われています。しかし、経営グローバル化の時代の中で、企業が取組むべき課題は多く、複雑化し、勝者となるためには、経営のスピード化と実行力が不可欠なものとなっています。是非、本書を参考にして下さい。




Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.