税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久伊藤 将英井口 忠上野 しのぶ佐藤 忠輝高井 亮成
野曽木 尊之原尻修宇千葉雅司藤田賢山本英司


「“教祖”降臨 楽天・三木谷浩史の真実」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
野曽木 尊之
  ここ数年、IT関連企業が世間の注目の的となっています。なぜ、これほどまでに注目を集めているのでしょう。それは、“何をしているのか分からないがすごく儲けている会社だから”であったり“よく世間で問題を起こしている会社だから”であったりするとは思いますが、私が思うに、今までにいなっかたタイプの人種だから世間の人は注目をしているのではないでしょうか。

 ここ十数年、バブルが崩壊してからというもの、景気の良い話と言っても大企業がリストラを断行しての過去最高益だといった、マイナスのイメージが強かったと思います。ですがこのIT企業家達は、今までには無かったものを創出し、新しい価値観を持って経営を行っているため、多くの人からはプラスのイメージを持たれていると思います。

 本書は、新規参入を果たしたプロ野球“東北楽天ゴールデンイーグルス”オーナーでも知られる、楽天の三木谷浩史氏について書かれた著書になります。

 三木谷さんは兵庫県明石市出身で、地元の小学校を卒業したあと、岡山県岡山市にある中高一貫教育の進学校に進むのですが、中学2年の半ばに中退しています。その後、実家にある公立中学に転入した際にテニスを始め、その才能を開花させ地元では有名なテニスプレイヤーとして活躍していたのですが、地元のテニス名門高校に入学した時にとある出来事が起きました。

 入学したばかりの1年生の頃からレギュラーとして大会に出場までしていたのですが、学校側の伝統を重んじるばかり、レギュラーである三木谷さんは他の1年生同様に球拾いをさせられていました。そこで、学校の伝統を守るが故の態度に嫌気がさし、テニス部を退部してしまいます。三木谷さんは、理不尽を理不尽とせず、理不尽を良しとして見過ごし、それで伝統が守られるとした高校を心の中で切り捨てました。

 このエピソードを聞き、理不尽を受け入れて我慢をするのではなく、何とかしてこの理不尽を打破するぞと言う精神が、この時に培われていたのだと感心させられました。大抵の人はテニスを続けるために我慢をするでしょうが、三木谷さんは違いました。高校の部活動を辞めたからといってテニスを諦めるのではなく、学校が終了すると毎日のように片道1時間をかけ、テニススクールに通うのでした。自分が熱中しているモノは、何が何でも、諦めずに頑張り続けるんだという強い意思が感じられます。

 今現在、最も勢いのある経営者の1人である三木谷さんの半生は、共感の出来るところや、何かしら参考となるところがあると思いますので、この本を読んで、ぜひ何かを掴んでください。




Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.