税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久伊藤 将英井口 忠上野 しのぶ佐藤 忠輝高井 亮成
野曽木 尊之原尻修宇千葉雅司藤田賢山本英司


「他力と自力」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
高井 亮成
  他力本願という言葉がありますが、この言葉の意味をご存知でしょうか?
 私はこの言葉の意味を「他人の力を利用して自分の力に変える」ことだと記憶しております。ちなみに故事ことわざ辞典を引いてみますと「他人のちからを当てにして、事をなしとげようとすること」、四字熟語辞典では「自分は努力しないでもっぱら他人の力をあてにすること」となっています。しかしこの言葉の本来の意味は、仏教語で「自分の修行の力ではなく阿弥陀仏の本願力によって成仏することにある」ということですが、これは誤用で他人の力をあてにするという意味にとらえられているそうです。しかし今日他人の力を当てにするという、悪いとはいきませんが良い意味では使われていないこの他力という言葉、この本を読んでいく内に「こういう考え方もできる」と思いました。

 また他力の反意語に自力があります、しかも自力本願という俗語まであるみたいです。

 反対の意味である自力と他力は意味こそ違いますが、表裏一体の関係ではないでしょうか?例えば、この本の引用ではありますが、ヨットを例にだしますとヨットは帆を張ることによって他力の風を頼りに前に進んでいくもので自力では進めませんが、しかしただ風だけを頼りにしても自分の目指す目的地にはたどり着くことができません。では風が吹きそうな気配をうかがい、いつか必ず風が吹くと信じてそのチャンスを逃さないように見張っていればいつ風が吹いてもそのチャンスをものして必ず前進できると思います。

 これはヨットに限った話ではないと思います。他力の力を借りながら自力で前に進んでいくことは会社経営においても同じことだと思いました。自力の裏には他力がある又他力の裏には自力がある、この関係が大事だとこの本を読んでそう感じました。

 最後に以上の例えはこの本のたった一例にすぎませんが、もっともっとおもしろいことが書かれております。また項目ごとに分かれて書かれておりますので大変読みやすい本となっております。ぜひご一読ください。




Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.