税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久伊藤 将英上野 しのぶ金田正好菰田 栄二佐藤 忠輝
高井 亮成野曽木 尊之橋本 崇浩千葉 雅司山本 英司

「そう考えると楽ですね」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
新井 大慶
   岩井虔さんが書いた「そう考えると楽ですね」は「経営の神様」松下幸之助さんのエピソードを沢山集めた本です。その中で特に印象深かった内容をご紹介させていただきます。

松下幸之助さんの病気見舞いにまつわる感動的なエピソードからですが、松下電器の営業の幹部に、中川さんと言う方がいらっしゃいまして、突然病におかされます。心臓、腎臓、肝臓がわるくこれだけでも多いと思うのに、糖尿もある。頑張りすぎたせいでしょうか。医者から、長期療養を言い渡され入院となりました。そんな不安と動揺の真っ直中にいる中川さんを、松下幸之助さんがお見舞いにみえてこの様に声をかけました。(以下本文より)

「なあ。病気してよかったで。せっかく病気したんやからな、病気を大事にしいや」「お医者さんの言うことはよう聞かないかんが病気の主治医は君やで。お医者さんはアドバイザーや」「わしも体が弱くて、若いときからよう病気したんや。でも、病気はこわがっていると追いかけてくるものや。友達のように親しんでいけばいくほど病気のほうから離れて行って最後には卒業証書をくれるんや」「君の病気は必ず治る。治ったら退院するやろ。退院したら”病気ありがとう”という記念行事をやりや」

 この松下幸之助さんの言葉を聞いた中川さんは予定していた療養期間の半分の時間で退院されたそうです。そして中川さんは、記念行事として”遅寝遅起き”の生活を”早寝早起き”に変えたそうです。

 私も一度だけ入院したことがありますが、(幸い短期間ですが)その時思っていたのが、この忙しい時に…という思いや、初めての入院に対する不安などで、皆様ももし入院という事になったらそうだとは思いますが、嫌な思いで一杯でした。ただ、今回このエピソードを読んで、入院というのは体を休めるよい機会だと前向きに考えることができる気がしてきます。

 病人のお見舞いに行くときに私だったらどんな言葉をかけるだろう?さらに言えば、厳しい社会状況や人間関係のなかで落ち込んでいる人に、どんな態度で接し、どのように道をひらくお手伝いができているんだろう?本文の松下幸之助さんのようなあたたかいまなざしで接することができているのだろうか?自分自身の行いを省み身のひきしまる思いも感じました。

 他にも商売をするうえで、また商売以外でも人間として感動できるエピソードがたくさんあります。これからの皆様の人生や仕事のうえで、特に人を育て、人間関係をうまく築いていくうえで、きっと参考になる本だと思います。是非ご一読なさって下さい。




Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.