税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久伊藤 将英上野 しのぶ金田正好菰田 栄二佐藤 忠輝
高井 亮成野曽木 尊之橋本 崇浩千葉 雅司山本 英司

「そう考えると楽ですね」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
高井 亮成
  今回は「そう考えると楽ですね…松下幸之助との日々」をご紹介致します。

前々回も松下幸之助さんの著書をご紹介させて頂きましたが、今回は松下幸之助とはどのような人物かを第三者的目線で見ることで、経営の神様と言われた人物の経営に関するヒントやまた人生哲学を窺い知れることができる一冊となっております。

 内容としましては、経営者サイド従業員サイドのどちらから読んでも、今後の参考になるところが各項にちりばめられております。以下私の感想をご紹介させて頂きます。

「掃除の大切さ」P20引用
正直なところ私自身耳の痛い一言でした。しかし本文中の「自分の身をきれいにできない者が、なぜ社会をきれいにできるのか」というフレーズを読んで、改めて掃除の大切さ必要さを再確認することができました。

よく経営者本を読んでいますと「掃除」の重要さを説くものが多いと思いますが、それはこの一言が原点なのではないかと思います。

「部下にやる気を出させる聞き方」P56引用
上司部下…力関係は上下に働くと思いますが、仕事を行ううえではお互いパートナーであると私は思います。仕事を依頼するときなど本文中にもあるとおり「君、これやりたまえ」というよりも「君、これやってくれるか」というだけで、意味は同じでも受け取る側のモチベーションはおのずとかわってくると思います。

簡単なようで難しい一言ですが、上司部下の関係をどうとらえるかによって表現方法もまた変わってくるんではないかと思います。

「商人とは」P94引用
 商売と定義は規模の大小問わず同じで、?商売は自分の使命であり生き甲斐であること。?お客様の心が読めること。?相手より頭がさがっていること。大きく分けてこの三つであると述べております。商売の定義は商売人それぞれ違ってくるとは思いますが、定義の大元はここにあるのではないかと思います。

 最近のニュースを見ていますと商売の定義が崩れてしまっている企業をみますが、やはりこの定義の一つでも欠けてしまうと、商売のバランスも崩れていってしまうと思います。

今回は三つの事例についてご紹介していきましたが、まだまだほんの一例です。

よろしければ是非ご一読のほど宜しくお願い致します。そして「そう考えると楽ですね。」という内容を感じ取って下さい。




Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.