税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久伊藤 将英井口 忠上野 しのぶ佐藤 忠輝高井 亮成
野曽木 尊之千葉雅司山本英司


「道をひらく」
税理士法人とどろき会計事務所
千葉 雅司
   幼少より丁稚奉公に出て、1代で松下グループを築き上げ「経営の神様」と呼ばれた松下幸之助は、経営者としては稀有といえるほど多くの著作を残しています。本書は、氏の提唱により設立されたPHP研究所の機関紙「PHP」に連載したエッセイをまとめたもので、見開き2ページの短編が120あまり載せられています。

 本書の初版が出たのは40年近くも前の1968年なので、すでに「古典」といってもよいですが、その内容は決して色褪せていないと思います。それは、著者が時代によらない普遍的な人間社会の真理を洞察していたからであり、また、著者の理想とした「身も心も豊かな社会」がいまだに実現していないからでしょうか。

 飾り気のない文体は、読んでいくうちに不思議と心があたたかくなります。説教調でもなく激励調でもないけれど、人生にとって本当に大切なことを熱意をもって語りかけてくれる感じがします。決して稀有壮大なことではなく、平凡で当たり前のことなのですが。

 ただ、その平凡で当たり前のことを当たり前に積み重ね実行していくことは実際には一朝一夕にいかないことだなとも感じます。文の随所に松下幸之助本人の優しさ、厳しさ、力強さがにじんでおり、思わず引きこまれてしまいました。

 著者は戦前から、世の中の貧しさを無くすことを信念とし、そのために、物資を世の中に満たし、不自由をなくすことが生産者の務めであると考え、企業経営を行ってきました。さらに、身も心も豊かな社会を実現するためには、政治の果たす役割が極めで重要だとして、その充実を訴え続けてきました。そういったこともあり、本書で取り扱われているテーマは、いわゆる人生訓的なものから、仕事や経営の心得、政治への提言まで幅広い分野に渡っています。

 字数はすごく少ない本ですが、考えさせられる本です。自分で思考させられる本は多くはないです。そして自分で考えるというのはとても大切です。

 この本は夢を目指している人、成功している人、途方にくれている人、困難に直面している人、人生の岐路に立っている人、それぞれで、それぞれの局面で、心に響く箇所が違ってくる感じがしました。

 私は心にとまった箇所に付箋を付けながら読んでみましたが、現在の自分の心境をよく表わすかのように付箋はいくつかのグループに集約されました。

 一方、今の自分ではピンとこない箇所も正直いろいろとありました。意味は分かるが共感するかといわれれば今の自分ではまだまだといった点も。

 また何年後かに読み返すとその時はまた違った心のとまりかたをするのでしょう。

 この本は頁を手繰り順番に“読む”本というより、人生の折にふれて“ひらく”本なのかなと感じました。




Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.