税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久伊藤 将英井口 忠上野 しのぶ佐藤 忠輝高井 亮成
野曽木 尊之千葉雅司山本英司


「道をひらく」
税理士法人とどろき会計事務所
伊藤 将英
   松下幸之助さんの「道をひらく」という書籍についてご紹介いたしますが、この書籍は、人生についての松下さんの格言を書き連ねた書籍ですが、読みやすく、読み終わったあとには、人生前向きにそして謙虚に日々努力していこうという気持ちになれる書籍です。

 私が、この書籍を読んで感銘を受けた文章をご紹介いたします。

 「道」自分には自分に与えられた道がある。天与の尊い道がある。どんな道かは知らないが、ほかの人には歩めない。自分だけしか歩めない、二度と歩めぬかけがえのないこの道。広い時もある。せまい時もある。のぼりもあればくだりもある。坦々とした時もあれば、かきわけかきわけ汗する時もある。

 この道が果たしてよいのか悪いのか、思案にくれる時もあろう。なぐさめを求めたくなる時もあろう。しかし、所詮はこの道しかないのではないか。

 あきらめろと言うのではない。いま立っているこの道、いま歩んでいるこの道、ともかくもこの道を休まず歩むことである。自分だけしか歩めない大事な道ではないか。自分だけに与えられているかけがえのないこの道ではないか。

 他人の道に心うばわれ、思案にくれて立ちすくんでいても、道はすこしもひらけない。道をひらくためには、まず歩まねばならぬ。心を定め、懸命に歩まねばならぬ。

 それがたとえ遠い道のように思えても、休まず歩む姿からは必ず新たな道がひらけてくる。深い喜びも生まれてくる。

 私は、この文章を読んで、日々の暮らしが坦々と続く毎日の中で、受身の生活ではなく、自分の人生の目標となることを掲げ、日々努力することが自分の道を切り開き、自分を一段一段成長させてくれるものだと思いました。また、その努力する中で、目標が一つ一つ達成されていくことで、喜びが生まれ、それが糧となり、新たな目標へと自分を突き動かす原動力となるのではないかと思いました。

 「失敗か成功か」 百の事を行って、一つだけが成ったとしたら、これははたして失敗か成功か。

 百が百とも失敗したのではなく、一つであっても、事が成っているのである。つまり成功しているのである。一つでも成功したかぎりは、他の九十九にも成功の可能性があるということではないか。そう考えれば勇気が湧く。希望が生まれる。そして、事の成った一つをなおざりにしないで、それを貴重な足がかりとして、自信をもって再び九十九に挑むことができる。こうなれば、もはや全てに成功したも同然。必ずやその思いは達成されるであろう。

 人生の中で、人は、自分の目標に挑戦し、成功するときもあれば、失敗するときもあると思います。そういうときに、失敗にばかり目を向け、落ち込むのではなく、失敗を糧にして、成功への道を考え、希望をもって歩むべきだと思いました。そして、一つでも成功すれば、それが自信へと変わり新たな成功を生むのではないかと思います。




Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.