税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久伊藤 将英井口 忠上野 しのぶ佐藤 忠輝高井 亮成
野曽木 尊之千葉雅司山本英司


「道をひらく」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
佐藤 忠輝
   松下幸之助さんが昭和43年に書かれた著書です。まえがきにもありますが、一国民、一庶民としての思いを短編で書かれてあります。

 松下グループの創業者でありますが、著書においては、仕事・事業という内容よりも、人生訓に近いものが多く書かれております。

 昨年からナショナルFF式石油暖房機を5万円での買い取る広告もいまだ継続しておるところは、松下電器産業?ならではであり、松下幸之助さんの考えが今も生きているからこそ出来たことかと思います。最近のパロマの湯沸し機の場合は対応が遅く、松下電器のマネをしただけにしか思えません。

 文中に「責任を知る」というのがあります。(P68) 
「自分に責任があると思うことまでも、他人のせいにすることだけはやめにしたい。犬や猫は、自分が悪くても、自分の気に入らなければ、平気で同類にかみつき、傷つける。 人間と動物とは、天地自然の理によって、ハッキリちがっている。そのちがっていることの尊さを、みずからけがすことだけはやめにしたいと思うのである。」

 自己責任の時代ではありますが、松下幸之助さんのいう責任とは本当に奥が深く、なぜ、そこに責任があるのかというところまで考えているようです。この考え方、責任の取り方が、今回のナショナルFF式石油暖房機の対処法になったと思いました。

   私にはこの著書「道をひらく」が簡単のようでとても難しく、理想はわかるが現実は、なかなかそうはいかなく、一部、悟りの世界に近いものを感じました。理解しかねる部分もありますが、物事をこのように考えられたらなとは思います。ある意味、自然体なのかも知れませんが、自然とは個々違うものであり協調したり、強制したりするものではないと思います。

 ものを覚えることは、真似ることから始まると、よく言われます。私も実際、先輩たちを真似て仕事を覚えました。しかし、ウリのつるにナスはならないように、柿の種をまけば柿がなり、梅の木には梅の花が咲く。

 人もまた、みな違う。柿のごとく梅のごとく、人それぞれに、人それぞれの特質がある。大事なことは、自分のその特質を、自覚認識しているかどうかだと思います。

 私の思う「道をひらく」とは、個々の人生であり、みな違うもので、生きている以上、みなが道をひらいていると思います。成功することも道、失敗することも、またこれ道。




Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.