税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久伊藤 将英井口 忠上野 しのぶ金田正好
佐藤 忠輝高井 亮成野曽木 尊之橋本 崇浩千葉 雅司山本 英司

「セブン・イレブン16歳からの経営学」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
橋本 崇浩
  街を歩けばいたる所で目にするセブン-イレブン。この本は、そのセブン-イレブンの創業者で、今も経営の舵取りを続ける鈴木敏文さんの“活きた経営学”が、具体例などを踏まえ非常にわかりやすく、なおかつ、面白く読める一冊となっていました。

 私がセブン-イレブンの経営の中に特徴的であると感じた部分として、アルバイトやパートの店舗内での位置づけがありました。コンビニにおける重要な業務であり、売り上げを左右するであろう発注をアルバイトやパートに分担させるというのです。私としては、発注のような重要な業務はオーナーないし店長のような人が行っているのだろうというイメージがありました。しかし、そうではなく、アルバイトやパートは買い手側の視点をオーナーよりも強く持っていることから、セブン-イレブンでは発注を任せるというのです。そして、それによって重要な業務を任せられたアルバイトやパートは、責任とやりがいを持つことができるようになるということで、大変素晴らしい経営方針だと私は思いました。   仮に、私がアルバイトの立場だとしても、難しさを感じながらも責任とやりがいを持ちながら働くことができるでしょう。

 私が、この本の中で強く印象に残った部分として、「みんなが反対することはたいてい成功し、いいということはたいてい失敗する」という鈴木敏文さんの言葉がありました。『みんながいい、大丈夫だということは誰もがみんなやろうとするので、単純な競争に陥る。一方、みんなが反対するのは未来の可能性が見えていないからで、それを実現できれば、これまでにないまったく新しいものを生み出し、イノベーションを起こすことができるので成功する。』ということで、常に未来への可能性を模索し、その可能性を信じて挑戦する経営者らしい言葉だと思いました。そして、この挑戦する気持ちをアルバイトやパートにまで求め一体となることによって、セブン-イレブン全体の強さがでているのだとわかりました。

 人間の行動や行為にかかわるあらゆる分野のエッセンスが詰め込まれた『経営学』そのあまりに深くむずかしい学問を“活きた”形で16歳から学ぶことができればこんなに素晴らしいことはないのでしょうが、私を含め、多くの人が今から学び、突き詰めていっても遅くないのではないかと思いました。




Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.