税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久伊藤 将英上野 しのぶ金田正好菰田 栄二佐藤 忠輝
高井 亮成野曽木 尊之橋本 崇浩千葉 雅司山本 英司

「きみはなぜ働くか。―渡邉美樹が贈る88の言葉―」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
千葉 雅司
  この本は御存知、有名外食チェーン店「和民」の創業者であり社長である渡邉美樹氏が毎月、世界各国に広がるワタミグループの全拠点へ送るビデオレターを1冊にまとめたものです。3万人に及ぶアルバイトに、著者が「仕事と思うな人生と思え、そして時給以上の何かを学んでほしい」「幸せになってほしい」との願い、また、「夢を追いかけよう!」「誠実に一生懸命生きよう!」「他人の幸せと自分の幸せを重ねよう!」との熱い想いを語っています。

 このようにしてまで社長自ら社員やアルバイトの教育に力を入れる例も珍しいのではないでしょうか。よりよい接客サービスをするには従業員の心持ちがきちんとしていないと駄目だということがすごく伝わってきます。私も自分の過去のアルバイト経験の記憶を辿ると強くそう思います。ただなんとなくのアルバイターは往々にして自分の仕事を適当にしがち。安い時給で“働かされている”という感覚、多少はそういう気持ちになってしまうものだから。そのなかで接客サービスをきちんと整えようとすれば、渡邉氏が言うようにまずしっかりと従業員の心持ちをマネジメントしなければならないんだと感じます。

 なぜ自分は働くのか。これから将来ある若者が「お金のため」だけではあまりに寂しいし、生きていく甲斐がない、後悔のない人生を送るために夢を持って働いてほしい。社会の役に立つ喜びを感じてほしい。そしてみんなに幸せになってほしい。そしてそれは接客サービスの向上にダイレクトにつながり、経営サイドとしてもマネジメントに成功すれば経費は限りなく低く、かつ、なかなか効果的。ただ、アルバイトに支えられている他のサービス産業がなぜ同じような教育を行っていないのかを考えると、なかなかに実践するには相当なエネルギーが必要なのも事実です。

 短いセンテンスの読みきりでスイスイ読んでしまいましたが、私が、気に入った部分を一つ取り上げます。

 「どんなに混雑していても、ディズニーランドではつかれを感じない。逆に、満員電車に乗ると、少ない時間でもつかれを感じてしまう。この差は、「空気」と大きく関係している。」というくだりです。

 「一つの部屋に10人が集まって、二通りのことを考える。まず、その10人に嬉しいこと、楽しかったことを一分間思いうかべてもらう。その部屋へ、何も知らない一人に入ってもらう。すると、その人はその空気を読んで、「ああ、皆、とても幸せそうだな」と感じるそうだ。逆に、悲しかったこと、つらかったことなどを一分間、思いうかべてもらう。そこへ、また、何も知らない一人に入ってもらう。すると同様に「皆、とてもいやな気分だな」と伝わるそうだ。これは、百発百中あたるという。「人の心が、その場の空気をつくる」ことが証明されたのである。人間は、よい時にはよい気を、いやな時にはいやな気を発しているのだ。(中略)よい気を吐く人は、人間として優しく、誠実に、責任を果たしている。」

 これは、最近私も非常にその通りと感じて少しずつでも着実に実践を心がけています。どうしたら良い気を出せるんだろう、自分を取り巻く共同体がどうすれば良い気を放つことができるんだろうと。身近なところでは、代表的なマイナス言葉である「すみません」ではなく、代表的なプラス言葉である「ありがとうございます!」を極力使う、こんなチョッとしたことでも継続していけるかいけないかで与える印象は全く違ってくると思っています。




Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.