税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久伊藤 将英上野 しのぶ金田正好菰田 栄二佐藤 忠輝
高井 亮成野曽木 尊之橋本 崇浩千葉 雅司山本 英司

「きみはなぜ働くか。―渡邉美樹が贈る88の言葉―」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
金田 好正
  今回は居酒屋「和民」の社長であり、現在介護事業でも話題になっている渡辺美樹さんが書かれた「きみはなぜ働くか。」という本をご紹介させていただきます。

 この本は、著者が「和民」等で行われる従業員のサービスや、日々の自己の考え方を通じて働くことの意義や楽しさをといている本です。

 その中から私が実践してみたいということ、あるいは実践できたらいいな、と思うことが2つほどありましたので、ご紹介させていただきます。

 その1
 「ウォルマート」の創業者で、大変有能な実業家であるサム・ウォルストンの言葉に、「Think Small」というのがある。「小さく考えよ」ということである。〜省略〜「企業が大きくなればなるほど、偉大なことを成し遂げようとすればするほど、小さな単位で考えて判断し、即座に改善行動をすることがカギだ」といっている。

 著者いわく、「和民ではドリンク1杯を召し上がっていただくために心をこめて接客すること。こうした思いが「ワタミ」を大きくしている。」とのことです。

 会社を大きくするとき、あるいは新たな事業をはじめようとするときに、我々は5年後、10年後のあるべき姿を想像し、それに向かって進んでいきます。確かにそれは必要ですし、そうした構想がなければ先々不安になることでしょう。しかし、その一方で現場や自分の身近なところに問題点はあるものです。恐らく著者はこれら2つをうまく組み合わせていくことが、会社を大きくしていく上で必要であるといいたかったのかもしれません。

 その2
 「ワタミは、働く人すべでがサービスのプロであり、プロとしての自覚を持つべきだ、とう方針を掲げている。〜省略〜では、プロとしての自覚は、どこから生まれるのか。それは、お客様を愛する心であり、お客様を愛するがゆえにその人と関わりたいという心から生まれる。」

 著者は「和民」というお店を通して、忙しいときほど上述の「プロとしての自覚」をもっていなければ、お客様の本心、あるいは本意がつかめなくなってしまい、せっかくのお客様を失ってしまうということを知っているからこそ、このような考え方ができるのではないでしょうか。

 以上2つの内容を紹介させていただきましたが、この本は、日々の仕事に追われている経営者、従業員の方々が「仕事とはどういうものか」、あるいは「自分のやるべきことは何なのか」ということを、著者の体験談から感じ取れる1冊です。




Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.