税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







秋山 秀春新井 大慶飯田 敏久石堂 雄太伊藤 将英上野 しのぶ金田 好正
加納 豊彦菰田 栄二佐藤 忠輝高井 亮成辰巳 景祐千葉 雅司野曽木 尊之
橋本 崇浩細井 全山田 知佳山本 英司

「君の思いは必ず実現する」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
辰巳 景祐
 

 本書の作者稲盛和夫は戦争中に大学進学や就職という自分の人生を自分で決断しなければならなかった。その選択肢も、家の経済的な面と勉強が得意でなかったことを考えれば、決して幅広いものではなかった。自分が育ってきた環境も含めてだが、現在の日本の家庭の標準的な経済力と教育システムは一昔前とは比べものにならないほど良い。それと比較すると、就職先での彼を取り巻く環境も豊かではなく、それが逆に、彼を成功へと導くきっかけとなったように感じる。

 入った当初の彼の心境は「辞めたい。」という気持ちが先行していた。その気持ちが、家族に伝わり、その結果返ってきた言葉は「会社に入れただけありがたく思え。」だ。そのような、どこにも甘えられない状況の中、彼は「商品の研究に没頭しよう。」と考えを切り替える。その理由は、不平不満を感じる暇がなくなるから。この意志の強さに伴う切り替えの早さ。それが、彼の武器だと思う。豊かな会社ならば、家族の厳しい言葉が返ってくるきっかけも、極度に前向きな考えの切り替えもなかったと思う。

 本書を読みすすめていくと、総じて前向きな言葉が多い。その一つとして、「今日よりは明日、明日よりは明後日と、少しでも進歩するように心がけていかなければならない。」という言葉がある。それに続く彼の言葉、「継続は力なり」と「仕事を好きになること。」

 毎日のように創意工夫を心がけても、一朝一夕で結果は如実に表れない。継続することで、除々に身を結び、その結果、仕事を好きになるという相乗効果を生む、ということだと思う。この一連の流れを形成するには、「努力する」という前提が重要で、彼はそれを常に意識して、体の癖として染みついている。それが本書を読んでいて、違和感が全く湧かない要因になっている。

 加えて、彼が強調しているのは、「人間性」と「道徳」。それを形成することが人生においてとても重要で、それを追求する姿勢を忘れれば、慢心や驕りによって、周りの意見を聞かなくなる、その結果、会社が悪い状態になっていくと述べている。

 会社に限らず、自分も意識しなければならない。人間は忘れる生き物だ。謙虚な姿勢を忘れれば、無意識のうちに、人間関係を悪化させることに繋がる。それは、自分にとって悪影響しか及ぼさないと思う。

 継続することが大事だ、と彼が述べているように、自分も謙虚な気持ちを持ち続けることと努力を怠らないことを心に留めておきたい。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.