税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久石堂 雄太伊藤 将英上野 しのぶ金田 好正加納 豊彦
菰田 栄二佐藤 忠輝高井 亮成千葉 雅司野曽木 尊之橋本 崇浩山本 英司

「招客招福の法則2」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
飯田 敏久
 

 この「商いの真髄がつかめる 88 の話」は、現在のように商売を継続するうえで厳しい状況の時、どのような手を打ったら良いか迷っている経営者の方々に商売の原則を再認識し、仕組みを見直していただく意味で、非常に参考になるヒントが詰まった本だと思います。

 この本に取り上げられているのは商店が中心となっていますが、共通しているところは、通常「待ちの商売」と思われる商売が大多数を占めているところです。情報が氾濫している現在において、今までの旧態依然とした「待ちの商売」は今後淘汰されてしまうのではないでしょうか。このような危機感から、「待ち」から「攻め」の商売に転換できたところが、お客様の心をつかんで招客招福に成功しているような気がします。

 その中で感じたことは、ビジネスは人がいなければ成り立たないということです。お金を使ってくれるお客様も人であり、働いてくれるのも人です。ビジネスの基本は常に「人」であり、儲けの仕組みを考えるに際に、お客様を第一に考え、お客様の行動とその背景にある動機から考えることが必要です。つまり「商品」が良いことはもちろんですが、「人」が最も大事な要素になってきます。「人」が儲けの中心と考えれば、人に役立つことをして喜ばれ、その結果として十分な対価を受け取り、良い関係を長く続けていくことが商売の原点だと思います。これが商売を安定させる必要条件であり、これを組織全体が理解し、ベクトルを同じ向きに向けることが出来れば、お客様の役に立つと思えること意外は出来なくなるのではないでしょうか。

 次に、自分の価値観で商売を考えてはいけないということです。お客様が何を基準に自分の店で商品を購入してくれるのか、そこから考えなければいけないと思います。それにはお客様に対する情報提供が必要であり、お客様に自分の店の商品の価値を理解してもらわなければなりません。お客様は自分にとって価値のあるものを買いたいと思っていても、通常どれがどのように価値があるのかが解りません。まずお客様に対してその情報を発信することが必要ではないでしょうか。

 では、お客様に自分の商売を理解してもらうにはどうしたら良いでしょうか。この本に書かれていますが、常にお客様を意識し、ニュ‐スレタ‐等を通じて、お客様とのコミュニケ‐ションが取られている事ではないかと思います。コミュニケーションを取る方法は商売によって異なると思いますが、非常に大事な要素になります。この事によりお客様に自店を常に意識してもらい、また来店しようと意識を自然に起こさせるのではないかと思います。

 最後に、悩んだら行動に移して見ましょう。まず第一歩として、この本から学んだことの真似から入っても良いのではないでしょうか。実際にやってみることが大切です。すべてが気付きの経験となります。とにかく自らの商売において、お客様のためになると思われることは行動に移しましょう。移した結果、それが失敗であっても何も行動に移さないより結果は得られると思います。またそこから考えても遅くはありません。常に前向きに考え前に進みましょう。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.